iPhone8はアプリがさらに使いやすくなる

iPhoneを使いこなすには欠かせないアプリですが、便利で使いやすいほどうれしいものです。これまでのiPhoneでも比較的アプリは使いやすいと感じていたユーザーも多いことでしょう。しかし、iPhone8はさらにアプリが使いやすくなるとウワサされています。それではiPhone8ではどのようにアプリを使うことになるのか、情報をまとめてみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

画面が大きくてより見やすい

iPhone8はこれまでのiPhoneの機能が一新されるとの情報が飛び交っていますが、そのうちのひとつにディスプレイのフチ部分がなくなるという「ベゼルレス」があげられます。そのおかげでiPhone7よりやや小さめの端末になったとしても同じくらいかそれ以上に大きなディスプレイで操作をすることが可能になるでしょう。

するとアプリを表示できる数が増えたり、より大きなディスプレイではっきりアプリ内容を表示できたりなどアプリの使いやすさがアップすることが期待できます。何度もスライドしなくてもたくさんの情報や画像、動画などを閲覧できるようになれば大変便利でしょう。

アプリストアやアプリごとの対応が必要

これまでのiPhoneシリーズであれば画面のすみの方を、持っている手指でふれてしまうという心配は少なかったものです。しかしベゼルレスが予測されるiPhone8では持ち手が触れることで誤ってアプリを作動させる可能性が出てきます。

ですが、よりディスプレイのすみまで表示が可能になるために片手によるアプリの操作性アップも期待できそうです。例えば音楽を聞きたい時、動画再生をしたい時など片手で操作ができればより便利にアプリが使えるのではないでしょうか?

今後はiPhone8の仕様も考えたアプリ開発や更新が進められていくはずなので、対応済のアプリを使っていくと不具合が少ないかもしれません。

iPhone8のアプリの使いやすさについてまとめると、ベゼルレスになるディスプレイにより今までより大画面で使うことができるようになるので、見やすさや表示範囲が広がり操作性はアップするでしょう。

ベゼルがなくなることで持ち手が触れてしまい誤って動作させる可能性がありますが、今後それぞれのアプリで更新されると予測されるのでそれほど心配はないはずです。今後iPhone8を視野に入れたアプリ開発によって、iPhone8の機能を存分に生かした便利なアプリの登場も期待が持てそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ