iPhone8でもapple payは使える?

iPhoneは、今やただの携帯電話ではありません。データのやり取り、音楽を聴く、メールやSNS、検索などいろいろな役割があります。その中の役割のひとつに、支払いというものがあります。iPhoneには、apple payという支払方法があります。このapple payは、iPhone8でも使うことができるのでしょうか。予測してみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

apple payとはどういう仕組みか

まずは、apple payの仕組みについてです。まずは、支払いで使うカードを用意します。交通系カードのSuicaやクレジットカードです。カードを読み取ると、アップルサーバのカードの発行元で選別され、データで送信されます。カードの番号は暗号化して送信されると、アップルからiPhoneに送信されます。これで、iPhoneで支払いができるということです。

iPhone7でのapple pay対応

iPhone7では、apple payが使えます。カードとして登録できるのは、Suica(スイカ)とクレジットカードです。Suicaというのは、東日本のICカードです。鉄道やバスの運賃支払いのほか、買い物でも使えます。とはいえ、実はお店で「apple payで支払います」といっても通じないそうです。「iDで支払う」「QUICPayで支払う」「Suicaで支払う」といった言い方をしないと、使えないということです。それでも、iPhone7ひとつで、いろいろな支払いができるようになるので、便利ですね。お財布がカードでぱんぱん状態は、もう終わりです。

iPhone8でのapple pay対応

iPhone7では、Suicaを簡単に使えることができるようにアプリができました。アプリを使えば、難しいプロセスはなしで、Suicaを使ってapple payでの支払いができるようになります。このことから、iPhone8でもapple pay対応は可能だと考えられます。同時に、iPhone7のようにアプリでの対応ができるようになっていると、便利です。iPhone8でもapple payは使えると考えられます。ただ、iPhone7からiPhone8にバージョンアップすることで、apple payの方法もバージョンアップしている部分がでてくるかもしれません。

iPhone8でのapple pay対応について、予測してみました。apple payの仕組みというものも、少しはわかってきたところがあります。iPhone8では、もしかしたらapple pay以上の便利な支払い方法のアプリができているかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ