iPhone7とiPhone8を徹底比較!その違いを詳細解説!

iPhone8はiPhone7の後継機種ではありますが、そのデザインもそしてその機能も大きく違ってきます。iPhoneの購入を考えている人は、iPhone8とiPhone7の機能やデザインにどのような違いがあるのか、知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8とiPhone7、そのデザインにはどんな違いが?

iPhone8とiPhone7はデザイン面で大きな違いがあります。iPhone8は有機ELディスプレイというより鮮明で薄く、加工しやすい素材を使っており、より薄型化するのではと言われています。画面においてはホームボタンを廃止し、ベゼルとよばれる淵の部分を廃止したことから、なるべくフレームの部分が少なく、風景と同化して大画面を楽しめます。また、本体のボディについては、金属が採用されたiPhone7とは違い、強化ガラス、サファイアガラスが採用されていると言われており、流れるような輝くボディが印象的です。

iPhone7とiPhone8、機能面での違いは?

iPhone8には、iPhone7の性能を上回るA11プロセッサが搭載されています。A11プロセッサは、より小型化し処理速度を上げたA11Fusionチップを採用しており、iPhone8は薄型でありながらも操作性も大きく向上しています。また、システムメモリも3GBを採用しており、より早くそしてスムーズに端末が動きます。それだけでなく、iPhone8では新たに望遠レンズについても光学手ブレ補正が搭載されていて、デュアルカメラの性能も向上しています。

充電方法も違う、iPhone8

iPhone8ではホームボタンが廃止されて全画面ディスプレイになるのも大きな変化でしたが、ワイヤレス充電という新たな機能を搭載していることも話題です。ワイヤレス充電があれば、給電装置を使って部屋に居ながらにして充電することができます。また、Lightning端子に変わって、USBタイプC-Lightningアダプターが搭載されますのでより高速充電に対応しているという充電面での違いもあります。

iPhone8とiPhone7の違いはたくさんあります。まず、iPhone8は素材に有機ELディスプレイを使っておりホームボタンが廃止されて全画面ディスプレイとなっています。それだけでなく、カメラ機能が向上していて、ワイヤレス充電やよりハイスペックな高速充電機能も搭載しています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ