iPhone8の供給不足は不可避!

今までのiPhoneの進化を大きく拡大させるのがiPhone8であり、フルモデルチェンジすると言われています。そのため、iPhone8は品薄になることが不可避でしょう。iPhone8が品薄になる理由についても知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8が品薄になるってどういうこと?

iPhone8は今までのiPhone6からiPhone7などの変化と比べて、大きくモデルチェンジするため新たに購入する人が増えてくると思われます。そのため、現在ではiPhone7の市場がややもたついている、と言われるからです。さらには、iPhoneの発売されている国や地域が増えており、そのためユーザー数が世界各国に拡大していることから、iPhone8が販売されると予約だけで購入希望者が殺到し、品薄状態になるのではないかと考えられています。

iPhone8は大量生産に向かない?

iPhone8は画面に今までのiPhoneに採用されていた液晶は採用されておらず、有機ELディスプレイが採用されています。有機ELディスプレイは薄くて場合によっては丸めたり曲げたりすることもできます。そのような特徴を持っている有機ELディスプレイですが、大量生産には向かないため現在生産体制を整えているところと言われています。そのため、2017年冬もしくは2018年と言われているiPhone8の発売のニーズを満たす以上の端末の大量生産ができないため、iPhone8は品薄になるのではないかと言われています。

iPhone8で採用される新カラーが人気に

iPhone8が品薄になるのではないかと言われている理由の一つに、デザインや機能が優れている点です。さらにiPhoneが品薄になる理由として挙げられるのが新色が発売されカラーバリエーションが豊富になるからです。iPhone7であっても新色であったジェットブラックはすぐに売り切れになりました。一方でiPhone8についてはレッドやパープルや黒金カラーなどのいろいろな新色が登場すると予想されています。iPhoneユーザーは新色に敏感であることから大いに品薄になるのではないかと思われます。

iPhone8には革新的な機能があったりまたレッドやパープルなどの新色が世に出ることも予想されます。それに加えて、あまり大量生産に向かない有機ELディスプレイを使っているため、iPhone8が出ると品薄になることが予想されるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ