iPhone8の背面がガラス仕様になった理由

iPhone8では、背面ガラス仕様になったという予測がされています。実際に背面にもガラスを採用することによって、どのように変化したのでしょうか。今回はそれらを交えながら、「なぜ背面ガラス仕様になったのか」その理由についても解説します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

フィット感向上のため

背面ガラスになった理由として大きいのが、フィット感の向上です。かつてiPhoneシリーズで、背面ガラスを採用したのはiPhone4でした。それが好評で、人気機種になったということもあり、世界的にも爆発的なヒットを生み出したのです。背面にもガラスを採用することによって、手にしっかりとフィットしてくれます。従来のボディに比べて、ガラスは滑らかなので、操作性などにも関わってくるでしょう。また、iPhone4の倍数にあたるiPhone8だからこそ、そのオマージュやリスペクトを込めて、似たようなデザインにすることも予測されます。

耐久性向上のため

iPhone8では、両面に2.5Dの強化ガラスを採用すると予測されています。そのため、両面を強化ガラスにすることで耐久性を向上させる狙いもあります。見た目はスマートに見せつつ、しっかりと頑丈なスマホにするという点も、今回のiPhone8のコンセプトに最適だと考えられたのでしょうね。実際にiPhoneシリーズは、手から滑り落としてしまって、壊れてしまったという体験をしている方も多いです。もちろん落とさないのが一番ですが、落としても大丈夫なような強化ガラスを採用することで、より耐久性を向上させようとの狙いがあるのです。もちろん当たり所が悪ければ割れる可能性がありますが、似ていると言われるiPhone4の耐久性よりは向上していると言えるでしょう。

ディスプレイを丸く見せるため

iPhone8では、ディスプレイが丸みを帯びています。背面ガラスにすることによって、その丸みを強調する意味合いもあるでしょう。ディスプレイが丸みを帯びることによって、より手にフィット感が生まれ、操作性の向上に繋がります。フラットな筐体の場合、やはり手が大きい人ではないと操作性が悪いという点もありました。しかし、今回のiPhone8では両面をガラスにすることで、より女性や子供にも扱いやすいiPhoneになると言えるのではないでしょうか。それは、やはり魅力も相当大きなものだと言えます。

iPhone8に関しては、背面ガラス仕様になると予測されています。実際にすでにそれらの情報は出回っていて、両面に強化ガラスを採用することがわかっているのです。その理由には色々なものがあると言えるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ