iPhone8は充電時に浮遊する?!

iPhone8では、今まで端子をつなぐことによって行っていた充電をワイヤレスにするというワイヤレス充電という機能が採用されると言われています。そのため、iPhone8は充電するときに浮遊するのではないか?とまで言われています。このような近未来的な技術について迫ってみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8が浮遊しながら充電するとは?

iPhone8ではワイヤレス充電という機能が搭載されると噂されています。これは、Apple社の特許技術で、部屋に居ながらにして充電できるというものです。ワイヤレス充電というと長らく充電機器の上に置いて充電するものだと思われるようになりました。しかし最近では、より利便性の高い機種の開発が進んでおり、新しい特許を取得したことから、iPhone8においては全く新しい充電方法、すなわち浮遊しながら充電するのではないかと思われているのです。

Apple社で特許を取っている空中浮遊の技術とは?

iPhone7が発売されて以降、iPhoneを生み出しているApple社においては、新たに空中浮遊を実現させワイヤレス充電に対応する特許を取得していると言われています。Apple社が構想している充電方法とは、電圧を加えて磁場を生み出す電線コイルを内蔵した電磁石浮揚装置のことです。このような電磁石浮揚装置の上に磁場を発生させる物質をセットすると上にある物質が浮き上がるという性質を利用したものであり、これを利用すれば、まるで空中浮遊をしているような状態でiPhoneを充電させることができるのです。

この技術はどのようなことに応用できるのか?

このように、磁場を利用して物体を浮遊させるという方法を使っているのは、iPhoneの充電だけではありません。たとえば、浮いた状態でワイヤレス充電を行うスピーカーが開発されていたりします。iPhoneにおいても充電だけでなくいろいろな応用がされる可能性があります。たとえば、電磁石浮揚装置にオーディオデバイスをつなぐことで宙に浮いた状態のiPhoneから音楽などを聞くことができ、楽しみ方が広がっていくからです。

iPhone8においては新しい技術の搭載が予想されており、あくまで可能性の段階ですが、近未来の技術として考えられるのは磁場を利用した電磁石浮揚装置です。そのため、iPhone8においては宙に浮いたような形でワイヤレス充電を行うことが可能になるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ