【情報まとめ】日経(日本経済新聞)が報じたiPhone8情報

日本経済新聞では、iPhone8についていろいろと情報を報じています。日本経済新聞、通称では日経と呼ばれていますが、特に経済や流通について信頼できる新聞が報じているiPhone8の情報とは、一体どんなものがあるでしょうか。2016年のiPhone7が発売されてから数か月後には、次のiPhoneについて、もう報じられていました。そのあたりから、幾つかの記事を紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ディスプレイの発注

2016年11月の日本経済新聞の記事によると、iPhone8の新しい部品の発注について大きな金額でなされているということです。iPhone8のディスプレイといえば、有機ELディスプレイです。また、iPhone8は出荷台数の増加が見込まれているので、部品の確保も必須です。そんななか、有機ELディスプレイの発注について、数十億ドルという金額で発注がなされているというものです。

iPhoneの認証について

2017年4月にも、日本経済新聞のiPhone8についての記事が出ています。iPhone8は、指紋認証のIDが搭載されないのでは、ということです。その代わりといっては何ですが、顔認証か虹彩認証が取り入れられるのでは、ということです。認証についての技術が従来のものでは間に合わないために、顔認証か虹彩認証になるということです。また、同時にOLEDという有機ELディスプレイがiPhoneに採用されるのでは、とも予測しています。このディスプレイになることで、いろいろな可能性が広がるのです。

部品の供給からiPhone8の発売日予測

2017年7月には、日本経済新聞の記事で、部品について報じられています。台湾のメーカーからiPhoneの部品の供給が増えているということです。2016年6月よりも2017年7月の方が、より部品供給が増えてくるのでは、といわれています。このことからも、iPhone8の発売日が近づいているのではないかと、思われます。発売日の予測については、多くの期間が予測しています。2017年の夏の終わりか秋くらいであろうというのが、有力です。そして、今回の部品供給が増えているという記事で、現実的な裏付けがなされているといえます。

日本経済新聞の記事について紹介しました。iPhone8そのものについて、また周辺の状況について、背景について、いろいろなことが報じられています。そんな記事から、それぞれが何を読み取るか、人によって違ってきます。ひとつの新聞の関連記事だけを追っていくと、ひとつの流れがみえてきて、面白いかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ