Appleは10年でここまで変わった!10年前のiPhoneとiPhoneXを徹底比較

iPhoneの初お披露目からあっという間に10年が経ちました。最新モデルとなるiPhoneXと初代iPhoneをあらためて比較してみると、見た目のデザインはもちろんのこと、機能面でも飛躍的に進歩していることが感じられます。10年の歴史のなかでiPhoneシリーズはどれほどの進化を遂げ、また、何を守りつづけてきたのでしょうか。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

初代からXまで!iPhoneシリーズはここまで変わった!

10年ひと昔。この10年はスマホ市場にとっても激動の期間であったと振り返ることができます。初代iPhoneとiPhoneXではまずデザインが大きく変わっており、iPhoneXは初代と比較しておよそひとまわり小型化されたことになります。もちろん、小型化されたことが革新的なのではありません。iPhoneではシリーズをおうごとに機能が拡充され、容量も大きくなり、アプリや動画をストレージを気にせずインストールできるようになりました。iPhoneはつまり、単純に小型化されたことが素晴らしいのではなく、ボディを小型化しながらも容量は落とさず、革新的なギミックを限界まで詰め込んだところにその価値があるのです。

iPhone以前と徹底比較!もしもジョブスがいなければ

今でこそ世界のスマホ市場を席巻しているiPhoneシリーズですが、初代のリリース当初は業界からも、ユーザーからも激しい批判が寄せられました。タッチペンなしでどうやって操作するのだ、キーボードなしでは文字が打ちにくいではないか……。後のiPhoneシリーズで定番となるアイディアが、この時点ではことごとく一笑に付されたのです。しかし、結果はどうでしょう。リリース当初は見向きもされなかった数々のギミックが数年間のうちにスタンダードとなり、携帯端末の既成概念を根底から覆したiPhoneシリーズはいつしか世界標準になりました。日本がまだガラケーに軸足を置いていた時代から、ジョブス氏はiPhoneXまでの軌跡を明確に思い描いていたのではないでしょうか。iPhoneの最終的な到達点についてはっきりとしたかたちでシミュレーションをしていたからこそ、その時々の毀誉褒貶にまどわされず、みずからの信念にもとづいて本当に必要なアイディアのみを積み重ねることができたのです。ジョブス氏が生まれなかった時代に「iPhoneらしきもの」は誕生したかもしれませんが、iPhoneXそのものを私たちが手にすることは永遠になかったでしょう。

この10年で進歩したiPhoneのギミックを挙げればきりがありません。ジョブス氏の意向をシンプルに引き継ぎ、つねに新たな価値を生み出そうとするプロフェッショナルのプライドがあれば、iPhoneシリーズは今後もますます進化しつづけることでしょう。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ