iPhone8で売り上げは、どれほど伸びたのか

今までにない画期的なデザインやシステムで、多くのiPhoneユーザーの期待を受けているiPhone8ですが、その売り上げは一体どの程度になるのでしょう?今秋発売予定となっているだけで、実際はまだ発売日は明確にされていません。顔認証やガラス製の本体など、好奇心をくすぐる物が多く搭載されているので、かなりの売り上げが期待されると言われています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

期待と裏腹に売り上げは伸びない!?

かなりの期待をされているiPhone8ですが、その期待とは裏腹に売り上げが伸びないのではないかという見方もされています。理由は様々なシステムを搭載して、本体価格が高くなるかもしれないからです。価格が高くなれば、それだけ買いたくても買えない人が出てくるのは当然です。その点から、売り上げが伸びないのでは……と心配されている部分もあるようですね。

iPhone出荷台数のピークは2015年!?

2015年のiPhoneの出荷台数は2億3千万を超え、それ以降、この規模の売り上げは望めていないというのが現状です。新商品が出ても、その都度買い替える人は珍しく、2年や3年に1度買い替える人がほとんどの中、新しい機種の需要と供給が追い付いていないというところでしょう。

iPhone市場も飽和?

iPhoneやスマホ市場も飽和状態と言われていますが、今回のiPhone8はそれを覆すシステムを多く搭載しています。今までになかったシステムなどを搭載することで、新しい客を呼び込もうという作戦なのでしょう。実際に今までのiPhoneなどでは出来なかったことも出来るようになりますし、これらに期待している人は多く存在しています。今までにないシステムだからこそ、この飽和状態を打ち崩そうとしているのかもしれませんね。

今回はiPhone8の売り上げについてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?まだ発売されていない商品なので、明確な売り上げを書くことはできません。しかし、今回のiPhone8はiPhoneが発売されて10周年の記念すべき年に販売されると予想されているものです。だからこそ、iPhone開発側としても今までにない期待をこめて発売すると思われます。ですが、システム面などを優秀にすればするほどコスト高になって、購入者に負担が大きくなるのも事実です。システム面を保ちつつ、購入者が手に入れやすいようにすることが、一番の課題のような気もしますね。何はともあれ、まだ明確な情報が出ていない以上、私たちは弾む心を抑えながら情報解禁されるのを待つしかないようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ