iPhone8は、Bluetoothを超えた光技術採用!データ移動も楽になる

2017年の新型となる予定のiPhone8は、iPhone 10周年の年ということで、かなりいろいろな新機能が搭載されることが期待されています。今回発売が予定されているiPhone8はBluetoothを超えた光技術採用するのではないかと考えられているのです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ワイヤレス充電が可能に?

2017年に発売予定となっているiPhone8はLightning端子が廃止になる可能性があるのです。Lightning端子の廃止ということはワイヤレスとなる可能性が高いのです。ワイヤレス充電にしたとしても、有線充電が出来なくなるわけではないので、ワイヤレス充電に対して控えめな意見を持っている利用者から苦情が出ることもないと考えられるので、iPhone8はワイヤレス充電になる可能性が高いのではないかと考えられているのです。

データ送信が楽に?

ワイヤレス充電となれば、もしかするとデータを送信するときもかなり便利になるのではないかと考えられているのです。Appleは「オプティカルコネクタ」という名前の特許を申請しています。これは無線通信技術に関する特許です。人間の目でも確認できない細い光を利用することでデータ送信を楽々こなせるというものです。この光技術によって電力消費が多くなるのではないかと思うかもしれませんが、この光技術によるデータ送信の電力はBluetoothよりも電力の消費が小さいのです。iPhone8では消費電力を少なくしながらデータ送信を楽にすることが出来ると考えられています。

ワイヤレス充電チップの試作品をテストしている

Appleから2017年秋に発売が予定されているiPhone8は今までの機種よりも大きなアップグレードがあることが期待されています。その一つがワイヤレス充電なのですが、Appleでは、ワイヤレス充電チップの試作品をテストしているようなのです。つまりは、iPhone8に搭載することを目指しているために、ワイヤレス充電チップの試作品をテストしていると考えられるために、実現は近いと期待されています。

2017年秋に発売が予定されているiPhone8はiPhoneの誕生から10周年の記念モデルになりために、色々なアップグレードがあるのではないかと大いに期待が寄せられているのです。その一つがワイヤレス充電になるのではないかという点です。実際に2017年の発売が予定されているiPhone8はLightning端子が廃止になる可能性があるのです。またワイヤレスになるということで、光技術によるデータ送信が出来るのではないかとも期待が寄せられています。光技術によるデータ送信が出来るようになると、電力消費も抑えられますし、データの送信自体も楽々できるようになるのです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ