徹底解明!iPhone7とiPhone8の機能の違い

2016年に発売されたiPhone7は最新機種で人気があります。そして、2017年、iPhone発売10周年のメモリアルイヤーに発売されるのではないかと言われているのがiPhone8です。iPhone8とiPhone7の違いについて徹底比較してみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の画面とボディはどうなるの?

iPhone8はiPhone7と比べて同じサイズですが画面の大きさが違います。それは、iPhone8がホームボタンを廃止して全画面液晶になります。そのため液晶の画面ふちのベゼルという部分がなくなるため、iPhone8はiPhone7と同じボディサイズでありながらも、画面の大きさは4.7インチから5.0インチになります。もう一つiPhone7で5.5インチだったものは、5.8インチへと大画面になります。そのため画面も流れるようにきれいになるでしょう。そして、iPhone7で一部ガラス張りの画面が好評であったことから、ガラス張りのボディを採用しています。そのため、キラキラと光っており美しいボディになっていながらも、独自の技術で強化したガラスを使っています。

高い防水性が魅力のiPhone8

iPhone7は高い防水性が魅力の一つですが、iPhone8についても防水性はより強化されており、さらには、防塵性もアップするのではないかと言われています。イヤホンジャックはなくしたままになっているものの、iPhone8はワイヤレス充電が可能ですので、イヤホンジャックがなくてもイヤホンを使いながら充電することはできます。また、iPhone8は、少しくらい水につけた程度では、ダメになることはありません。ですので、雨の日やプールなどでも使用できるでしょう。

より向上するカメラ機能とは

iPhone7の最新機種であるiPhone7Plusはデュアルカメラを搭載しており、スマートフォンでありながらも光学ズームを採用しています。iPhone8では3Dカメラも搭載されており、より高画質、そして流れるような画像が可能です。特に、その鮮明な解析度から、目の虹彩を使って認識するという新たな機能も搭載されるのではないかと期待されています。

iPhone8にはiPhone7には無かった機能が搭載されると思われます。全面ガラス張りのディスプレイや、全画面ディスプレイです。機能性も向上し、ワイヤレス充電や高性能なカメラなどが期待されます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ