iPhone8のカメラ機能ではどんなことができるの?

iPhone8デュアルカメラを搭載しており、さらに光学手ブレ補正機能もありますので、3D写真から望遠写真までかなり本格的に楽しむことができます。そのため、iPhoneユーザーにとっては人気が出ると予想されます。iPhone8の新しいカメラ機能に注目しましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8で搭載、デュアルカメラとは?

iPhone8では、カメラ機能がさらに充実されます。特に3D写真や、バーチャルリアリティー、ARと呼ばれる各超現実に対応して使われる二つのデュアルレンズを備えており、またLEDフラッシュがセットになっています。カメラは背面に2つのデュアルレンズが縦に並ぶのではないかと予想されています。デュアルレンズを縦に配置することで被写体をより立体として撮影することができます。iPhoneが3D写真を撮影できる仕組みは、物体に赤外線を発し、その跳ね返ってくる赤外線を受信して立体をとらえるという仕組みです。1.4メガピクセルの赤外線受信機が搭載されるとされておりより精度の高い立体写真を撮影できます。

iPhone8のカメラに見られる新機能

iPhone8の特別仕様のデュアルレンズには新しく様々な機能の搭載が予想されます。たとえば、3D顔認識(3Dセンサー)が搭載されます。そのため顔認証システムが機能するかと言われていますが、もしかしたらもっと精巧な虹彩認証機能が使われるかもしれません。その際には虹彩スキャナーが搭載されるでしょう。また、AR、VRのゲームを想定して、ゲーム内のアバターをより立体的につくられる3Dセルフィ―や、自分のジェスチャーをゲーム内の操作に置き換えるジェスチャーセンサーもついているかもしれません。このように写真撮影にとどまらない新機能が、iPhone8の注目される理由の一つです。

iPhone8は写真撮影においても優秀

もちろん、カメラですので写真撮影においてもiPhone7を上回る技術の進歩が期待されます。望遠レンズや光学手ブレ補正機能が改正され、広角レンズで撮影した写真も手ブレの問題が解決されるのではないかと思われています。普通の写真ではiPhone7と同じく1200万画素と大変精巧な写真を撮影することができるでしょう。望遠レンズも標準搭載されており、別売りのレンズを使う必要もありませんので便利です。

iPhone8では、デュアルカメラを搭載しており、背面にデュアルレンズを縦に並べることで物事を立体的にとらえることができます。ARやVRを想定した機能も充実しているだけでなく、望遠レンズなども搭載されており便利です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ