iPhone8で3D写真が撮れる!

iPhone8では先進的なカメラ技術が搭載されており、特筆すべきものが3D写真撮影できることです。3D写真を撮影することができるiPhone8の機能について詳しく知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8にも搭載されている、3Dカメラとは?

そもそも、3Dカメラとは両目の映像の差を合成することによって奥行きを感じさせる機能を利用したことです。そのため、iPhoneにおける3Dカメラは、2つのカメラが搭載されておりそれが両目のような働きをすることで、目の前の画像を合成させ、目の前にあるものを立体的に見せる、奥行きが感じられるように見せることができるというものです。

実はiPhone7Plusにも3Dカメラは搭載されている

iPhoneが3Dカメラの搭載に乗り出したのは、iPhone8が最初というわけではありません。iPhone7Plusの時点ですでに2つのカメラ、デュアルカメラを搭載しており、そのカメラを使って奥行きのある画像をとらえるという機能があります。ですが、これは本格的な3D画像には程遠いですし、専門のアプリを利用しなければ、3D写真の機能自体使うことができません。進化したiPhone8においては、このような3Dカメラが標準で搭載されているので便利ですし、その3D写真の出来栄えについてもかなり期待されていることは明らかです。

iPhone8の3D写真機能はこんなに便利

このようにiPhon8では目で見たのと近いかなり精巧な3D写真を撮影することができるとされています。さらにiPhone8では光学手ブレ補正機能がついていますので、初心者の人でもかなり上手に写真を撮ることができます。iPhone8の精巧なカメラのレンズと3D写真を撮影することができる機能は、物事を立体的にとらえることができるため、たとえば顔でユーザーを認証したり、もっと進化した虹彩認証機能だってつけることができるかもしれません。そのため、3Dカメラの進化はセキュリティの観点からも大きく進化すると言えます。

iPhone8においてさらに進化した機能として取りざたされているのが、3D写真機能です。iPhone7Plusで搭載されたデュアルカメラをさらに進化させて、初心者でも上手に写真を撮影することができます。iPhone8では3D写真の機能を使うことで、虹彩認証機能を実現するなどセキュリティの面からもさまざまな進化が予想されます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ