iPhone8に搭載された3Dカメラの機能とは

カメラで風景や人物を撮影することは、スケッチとは違い、リアルな形で残すことになります。その画像が、3D画像だと、よりリアルな画像になります。iPhone8では、3Dカメラが標準搭載されていると予想されています。それは一体どういうことなのか、3Dカメラとはどんなものなのか、検証していきます。3Dカメラで撮影するということは、3Dの画像が手軽に撮影できるという意味でもあります。iPhone8は、どこまで進化するのでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

3Dとは何か

3Dというのは、平面で立体を表現するもの、といえばよいでしょうか。3D映画が上映される映画館に行って、専用の眼鏡をかけてみると、画像は立体に見えます。モノが飛んでくる場面は、リアルです。つまり、疑似体験がリアルにできるということです。画面から、人物やモノが飛び出しているように見えるのです。絵画で、立体に見える技法がありますが、それとはまた違うものです。絵画は、描かれている部分の立体や目の錯覚を利用しているのです。

iPhoneの3D機能

iPhone7では、3D機能がすでについています。とはいっても、アプリのデュアルカメラというものを使う方法です。撮影した画像を、2つ並べてみると、立体的な3D画像でみえるということです。わたしたちの目は、実は右と左で少しずれたところを見ています。その原理を、2つの画像で表現しているのです。この少しのズレが、画像を立体に見せてくれるのです。画像の見せ方や使い方が広がります。デュアルアプリは、iPhoneのアプリから入手できます。

iPhone8の3Dカメラ

iPhone8では、3Dカメラが標準搭載されていると考えられます。機能としては、簡単に3D画像が撮影できます。また、カメラなので、動画を撮影すると、よりリアルに表現できるのではないでしょうか。また、ボタンひとつで3Dと従来の方法と切り替えができます。あえて、3Dで画像を撮影するか、2D(従来のパターン)で撮るか、素材や表現へのこだわりによって変更できます。また、撮影した3D画像も従来通り、フィルターをかけたり加工が簡単にできます。

iPhone8に3Dカメラが標準搭載されるようになると、画像や動画の楽しみ方が広がります。画像や動画そのものを楽しんだり、自分なりにこだわって加工したり、いろいろです。また、SNSにアップして、友人知人に見てもらうと、何か反応があるかもしれません。3Dカメラで、表現の幅を広げて、新しい楽しみ方を見つけていくことができるのが、いいですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ