iPhone8のタッチパネルはどうなる?ホームボタンがなくなる?

iPhone8で大きな変化といえば、ワイヤレス充電など様々ありますがホームボタンの廃止もその一つです。iPhone8は全画面ディスプレイを採用しており、さまざまなことをタッチパネルで行うようになります。iPhone8のタッチパネルの優れた機能について知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のホームボタンは廃止されるの?

iPhone8においては、ホームボタンが廃止されており、全画面ディスプレイが採用されます。そのため、iPhoneの動作については、タッチパネルが中心になってきます。では、ホームボタンの機能がどのようなものになったかというと、ホームボタンの機能はディスプレイ上のタッチパネルで行うことになりました。iPhone8には、ディスプレイドライバー用ICとタッチセンサー用ICを統合したタッチアンドディスプレイドライバー インテグレーションチップがディスプレイに埋め込まれる予定になっています。

iPhone8ではディスプレイのタッチパネルでどんなことができる?

iPhone8では有機ELディスプレイが採用され、ホームボタンを廃止して全画面ディスプレイとなります。そのため、iPhoneを立ち上げるための指紋認証はもちろんのこと、あらゆる操作を画面のタッチパネルでできるようになります。iPhone8における新しい技術によると、センサーを一面に取り付けることから両手の指紋を登録しておくと、iPhoneに触れただけで端末を立ち上げることができます。

他にもある、ホームボタンを廃止したメリット

iPhone8においてホームボタンを廃止してセンサーを埋め込んでほとんどの操作をタッチパネルにする、このことは手に取るだけでiPhoneを立ち上げられる、といったメリットだけではありません。他にも、有機ELディスプレイは加工しやすいディスプレイですので、感度が良く、指先でさっとタッチするだけでさまざまな操作ができます。また、ホームボタンを廃止することにより余ったスペースに画面を拡大することになりますので、iPhone8においては従来のiPhone7と同じ大きさでありながらもより大画面で動画やテレビを楽しむことができるメリットがあります。

iPhone8ではホームボタンを廃止し、有機ELディスプレイによる全画面ディスプレイが採用されます。そのことにより、ほとんどの操作を画面のタッチパネルで行うことになります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ