【予想】iPhone8でハンズフリー通話する方法まとめ

運転中や移動中に楽に通話ができるiPhone8。家事や仕事の途中でも手をとめずに相手と会話ができるので非常に便利ですよね。実は、iPhone8でハンズフリー通話を行うにはいくつかの方法があり、シチュエーションに応じて最適な方法を使い分ける必要があります。iPhone8のハンズフリー機能を隅々まで使いこなすコツについてもまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7を踏襲?iPhone8のハンズフリー機能

過去のiPhoneシリーズでは、「純正イヤホンを使う」、「専用マイクを接続する」のうちいずれかの方法でハンズフリー通話が可能になっていました。iPhone8でも基本的にはこの方式を踏襲すると見られており、従来のiPhoneシリーズを使い慣れている人にとってはなじみやすい機能と言えるでしょう。外部の付属アクセサリーを接続するのが面倒だという人はスピーカー内蔵のタイプがおすすめで、内蔵型であればマイクやイヤホンをつながなくてもハンズフリーに切り替えるだけで簡単にスピーカーに変身します。ただし、その場合は相手との会話がすべて周囲の第三者に聞こえてしまうため、公共施設などでの使用はひかえるようにしましょう。

こんな時にも便利!ハンズフリーの使い方いろいろ

iPhone8のハンズフリーは、体に障害のある人にとっても役立ちます。スピーカー内蔵型であればイヤホンなしでもハンズフリーに切り替えが可能で、端末をテーブルに置いたままでも通話ができるため、iPhone8を片手にもって操作することが難しい方の大きなささえとなります。運転中にハンズフリー通話を行う人も多いと思われますが、たとえハンズフリーであっても運転中の通話は集中力が途切れる原因となるため、ハンドルを握りながらの通話は極力控えたほうが良いでしょう。地域によっては条例で運転中のハンズフリー通話そのものを禁止しているところもあるため事前の確認が必要です。また、基本的なマナーとして、公共の場では必ずイヤホンかマイクを接続し、通話の音声が周囲に漏れないようにしましょう。

iPhone8のハンズフリー機能もiPhone7と同様、付属のイヤホンやマイクを接続することで実現します。内臓スピーカーを使えばさらに手軽にハンズフリー通話を楽しむことができますが、通話の音声がそのまま周囲にも聞こえてしまうというデメリットがあります。また、条例によって運転中のハンズフリー通話を禁じている地域もあり、予期せぬ事故にもつながりかねないため運転中のハンズフリー通話は緊急時にとどめるようにしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ