iPhone8で教育アプリを使って子どもとコミュニケーション

iPhone8は大人だけのための便利ツールではありません。無料でダウンロードできる教育アプリを子どもに覚えさせれば早期教育にも役立ちますし、親子の自然なコミュニケーションにもつながります。日々新作がリリースされるiPhone8対応の教育アプリの正しい選び方と子どもに遊ばせるときの注意点についてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

これもひとつの教育アプリ?子どももはまる萌え系アプリ

厳密にいうと教育アプリの定義からははずれるかもしれませんが、萌え系キャラクターが数多く登場する美少女アプリも使い方によっては教育アプリとして利用価値があります。萌え系アプリというと主たるターゲットがオタク系の若い男性で主婦層にはなかなかとっつきにくいかもしれませんが、今の時代、「萌え系=オタク」と決めつけるのは偏見にすぎません。最近ではOLや女子高生も美少女アプリを日常的にプレイしており、サブカルチャーとして簡単に片づけることができないレベルにまで到達しているのです。美少女アプリを教育アプリとして子どもにプレイさせることには意外なメリットがいくつかあります。第一に、美少女アプリをプレイすると自然にボキャブラリーが増えます。美少女アプリにはそれぞれストーリーがあり、それを進めていく過程でたくさんの課題にぶつかり、それらを乗り越えるためにプレイヤー(子ども)は懸命に知恵をしぼらなくてはなりません。それに、ゲームを通して子どもの感受性をのばすこともできます。アプリのヒロインの行動の意味を子どもなりに考えたり、ひとつひとつのセリフの本当のニュアンスを読み取ったりすることで、普通の教育アプリではなかなかのばせない隠れた能力や感性を発見することにつながるのです。ただ、多くの美少女アプリには課金要素があるため、そのあたりは保護者のほうがさりげなく注意するようにしましょう、

保護者にインタビュー!子どもに使わせたい教育アプリは?

保護者としては、子どもにはなるべく教育的で質の良いアプリを使わせたいものです。教育アプリのなかでもとくに保護者からの人気が高いのは漢字アプリですね。ここ数年はテレビでも漢字クイズブームで、小学校に上がる前にできるだけたくさんの漢字を覚えさせたいと考える保護者も多いようです。アプリを通してゲーム感覚で漢字に振れれば自然に覚えられますし、楽しみながら学習することで定着率も高まります。漢字とならんで根強いニーズがあるのが英会話アプリです。日本語だけでなく英語も、ということなのでしょうか。こちらもクイズやゲーム形式で楽しく英語を身につけられるように工夫されているので子どもたちにも人気があるようです。

アプリを使った早期教育はもはや常識になりつつあり、私立の幼稚園などでは本格導入の気配さえあります。保護者にとっては多くのアプリが無料でダウンロードできるところが何よりもうれしいところで、無料アプリのなかから本当に子どもに合うものがあれば有料版を試すこともできます。ただ、これらのアプリは決して保護者が一方的に押しつけるのではなく、あくまでも子どものほうから自然に取り組みたくなるような雰囲気づくりを心掛ける必要があります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ