ステンレスフレーム採用でIPhone8を新鮮なデザインに

オールクリアボディが採用され、デザイン的にも大胆に一新されるiPhone8。見た目にはわかりにくいモデルチェンジとしてステンレスフレームの搭載があります。iPhone8の5.8インチモデルでは従来のアルミニウムフレームに代わってステンレスフレームが使われるとすでに発表されており、素材面でも工夫が重ねられるようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ステンレスフレームはアルミと何が違うのか

アルミフレームとステンレスフレームとの違い。それは端的に言えば、生産コストの差です。ステンレスフレームはアルミ素材のものよりも安価なコストで大量に生産でき、部品としても劣化しにくいというメリットがあります。軽量感でもまさっており、ステンレスフレームによってiPhone8本体をさらに軽くすることに成功したと言われています。耐熱性もきちんと考慮されているのが今回の眼目で、熱伝導率の高いステンレスフレームを組み込むことによってiPhone8内部にたとえ余分な熱がこもってしまったとしてもフレームガ異常に蓄熱することはなく、予期せぬ爆発事故につながるリスクをかぎりなくゼロに近づけることができます。

iPhone8の全面ディスプレイをしっかり守れるのはどの保護ケース

ディスプレイが格段に広くなるiPhone8では、しっかりした保護ケースで画面まできっちり保護する必要があります。ディスプレイをカバーするのに最適なのが手帳型ケースです。まるで手帳の表紙のようなカバーがついており、ソフトケースやハードケースとは違いディスプレイ部分まで完全に覆いつくすことができます。衝撃吸収性にもすぐれているため地面にうっかり落としても画面が割れてしまうリスクはきわめて低く、ケースのすき間から知らないうちに水分が入り込んでしまうこともありません。現時点で出そろっているのはiPhone7s用のタイプが中心ですが、今後iPhone8の正式な発売日が確定すればそれに合わせて豊富なデザインとカラーバリエーションがリリースされるでしょう。ハードケースやソフトケースなどと比べ、iPhone8本体をすっぽりと覆い、あらゆる角度からの衝撃から保護できるところに最大の長所があります。ダークブラウンなど落ち着いたデザインのものを選べば文庫本を読んでいるようにも見えるため、電車などでiPhone8を操作していると気づかれたくない人にもおすすめです。

iPhone8では一部のモデルでフレームがアルミからステンレスに変わります。ユーザーにとっては目立たない変化かもしれませんが、ステンレスフレームによって生産コストのさらなる削減を実現できるとあって、業界からは有機ELディスプレイとならぶ大きな転換として評価されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ