iPhone8の最新デザインのまとめ

2017年9月中に発売されると目されているiPhone8の最新デザインについてまとめてみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の色

当初iPhone8の色は黒と白を基調とした形となり色の選別はできないと噂されていましたが、ここで新たな色が追加されるのではないかとの情報が流れています。それはピンクのような銅のようなブラッシュゴールドです。これでシルバーと並んで3種類になった事になります。名称も4.7インチのiPhone8に5.5インチのiPhone8plusそして5.8インチのiPhone8 Editionというように予測されていますが、はたして実際はどうなるのか発表をまった方が確実です。色に関しては他にもコッパーゴールドというより銅に近い色も候補にあがりましたが、いずれにせよ優しい色合いです。ゴールドという予測も出ていたので、最終的に何色になるのかは発売されてからのお楽しみとなります。

iPhone8のデスプレイ

二重の強化ガラスとの予測が早くから出されていましたが、どうやら特殊ガラスを使用しているらしいリーク画像が公開されています。さらにガラスの間にステンレスフレームが挟み込まれるような形で収まり、配色も黒か白になりそうです。ベゼルの厚みが4mmで角は2.5Dの丸みを帯びた優しい風合いがiPhone7から引き継がれますから、ベゼルがないような印象を受ける人もいます。物理ボタンがすべてバーチャルボタンとなったためシンプルですっきりしたデザインになっています。デスプレイの上部には3Dセンサーの切れ込みとバッテリー残量および電波強度を表示するスペースが搭配置されまず。ホームボタンは無くなりますから、デスプレイの大きさはiPhone7より小さい割に大画面のようなワイドさを感じさせるデザインになっています。従って側面にはデスプレイはなくなります。この細さは対内にOLEDが埋め込まれるゆえにバックライトが不要になった事に由来しています。最初の頃言われていたような曲面ではなくフラットな形にまとまりました。一方側面に関してはイヤホンジャックが無くなる代わりにスピーカーが搭載される他、電源が拡張されています。Touch IDをデスプレイに埋め込み光化学センサーにする研究開発がどうしてもうまくいかないとなった折には、ここに搭載される可能性が出てきます。充電はライトニング端子に変わるのと同時にUSB―C搭載ともならない形で整えられる見込みです。有機EL搭載となった分だけバックライトが不要になったゆえに、厚さ4mmという細さが実現しました

背面デザイン

iPhone8はワイヤレス・高速・遠距離充電となりより電圧を通しやすくするためもあって、背面もガラス張りとなっている上にデュアルレンズおよび間に赤外線ライトが縦につきますから、遠目にはレンズが3つついているような見え方をしています。このデュアルカメラの搭載によりバーチャル画像やAR機能にも貢献しています。

最終的に公開されたiPhone8モデルデザインはこれまで飛び交っていた噂や、リーク情報にほぼ一致する内容でした。機能性や性能の更新を見ていく限り9月中の発売はないかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ