iPhone8のデザインが明白に!ガラスで覆ったステンレス製のボディを採用

iPhone8のデザインはやはり強化ガラス製になるようですが、新情報としてステンレスフレーム採用でどうやら落ち着きそうです。iPhone8のデザインについてのお話です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

より強化されたiPhone8のボディ

従来のiPhoneは高度にコンピューター制御された工作機械で大量生産されてきましたが、発売10周年記念として製造方法も大幅に革新されました。すなわち日本刀やはさみあるいは工具などにも採用されている、鍛造製法に変更する事により強度化と軽量化そしてコストダウンの一石三鳥の効果をフレームにもたせ、iPhone8のフレームとして採用したのです。ボディは噂通りガラス製となります。これまで飛び交ってきた噂では全面ガラス張りのシンプルデザインとなっていましたが、iPhone4でも採用されていたステンレス製フレームを強化ガラスで挟んだ形でおさまりそうです。いち早く全面ガラス張りとの情報がちまたに流れた時は、落とした時に破損しないのかなど懸念する声が広まり、透明プラスチックカバーまで早々と流通するなど波紋が飛び交いましたが、ユーザーの多くがこれで落ち着くのではないでしょうか。当初言われていた曲面と言われていたアイディアは無くなった模様ですし背面もガラス張りな上にデュアルカメラが縦並びとの情報は、そのままで特に目新しい情報もありませんから、ひとまずこれでデザインが確定したと考えてよいのではないでしょうか。

同時発売されるiPhone7sのデザイン

このたびiPhone8と同時発売される事が決定しているiPhone7sもiPhone8とほぼ同じデザインになる事が確定的です。iPhone8は元々発売10周年記念のプレミアムとしての位置づけでしたから、iPhone7sは価格も求めやすいですしデザインも現行維持ですからアルミボディとなると考えられ、強化ガラスでステンレスフレームを挟むといったデザインはiPhone8のみでの採用です。iPhone8は黒と白の2色になる事がほぼ確定的でしたが、iPhone7sは5~6色程度まで選択できる事に加えて、4.7インチか5.5インチから選ぶ事ができるなど豊富な選択肢を持っていますから、iPhone8とはまた違うわくわく感があります。高いスペックと機能性で選ぶならiPhone8がオススメですし、買い求めやすさで選ぶならiPhone7sがおすすめです。

重厚なデザインにするのと同時に量産体制を進めるために

量産体制を整えるならCNCマシン二ング加工の方がより効果的なのですが、プレミアムとしての位置づけを重視する形で鍛造製法をとり、しかも二重ガラス製法にするとなると先頃言われていた2億以上の発売目標は達成できるのでしょうか。代替方法として複数の下請け企業への発注を検討しているようです。さらに各種技術革新のためにいくつかの提携先企業を整理しているとの情報がありますから、発売に向けて様々な動きが業界を駆けめぐっている常置です。最終的にどのようなデザインに収まるのかはまだ未知数であり、iPhone8からは目が離せません。

iPhone8のデザインは当初言われていた全面ガラス張りにさらにフレームを添えたフラットなものに落ち着きそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ