iPhone8とiOS11による「ダークモード」の組合せとは?

iPhoneシリーズというと清潔感あふれるホワイトのボディが印象的ですが、iPhone8ではこれまでのイメージとは一転して重厚感たっぷりのブラックボディが提案されています。「ダークモード」にすることによりボディだけでなくディスプレイも落ち着いたブラックに統一することができ、見た目にもカッコいいだけでなく目の疲れを軽減できるなどのメリットがあります。iPhone8のダークモードをかしこく使いこなすポイントについてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8はなぜ白から黒に?

iPhone8でボディが突然白から黒に変更されるのは、たんなるマイナーチェンジではないようです。ディスプレイをブラックにすることによって有機ELディスプレイの発光を最小限におさえることができ、その分消費電力を節約できるという機能的なメリットが期待されています。また、フェードアウトモードに設定すれば夜間iPhone8を長時間使用しても目の疲労を軽減することができ、暗い部屋でも疲れることなくメールチェックやネットサーフィンをすませることができます。iPhone8ではダークモード以外にディスプレイをより見やすくする工夫が盛り込まれており、たとえば画面を横向きにするだけで自動的にフルスクリーンモードに切り替わったりと、ユーザーの目線に立ったアップグレードがはかられています。

iPhone8は白?黒?ヘビーユーザーに徹底調査!

過去のiPhoneシリーズを見ると、やはり定番のホワイトカラーがよく選ばれているようです。最新モデルとなるiPhone8では黒を基調としたボディイメージが話題となっていますが、果たして、今後のiPhoneシリーズはブラックが主流になっていくのでしょうか。あくまでも事前リーク情報の段階ですが、ダークモードを搭載した落ち着いたメタルブラックのボディは初心者だけでなくコアなヘビーユーザーにもスタイリッシュだと好評のようで、初期段階でのイメージ戦略はとりあえず成功したと言えます。ダークモードの搭載によって長時間iPhoneを使用していても疲れにくくなり、またボディが黒だとほこりや汚れが目立ちにくいというメリットもあります。

iOs11から搭載されたダークモードを活用することにより、iPhone8を長い時間使っていても目が疲れにくいというメリットがあり、なおかつ暗い部屋で画面を凝視しつづけても目の異常を起こしにくいとも言われています。デザイン的にも黒一色に統一されたボディはこれまでのiPhoneの歴史から考えてもひとつの革命であり、節目の年にしてかなり思いきったシフトチェンジだと評価する声もあります。有機ELによる省エネ能力が評価されれば、iPhoneのブラックボディが今後の主流になる可能性は大いにあります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ