iPhone8には革新的な機能変更がたくさん?気になる噂とは・・・

もはや恒例となった毎年9月のiPhone新モデル発表。今回のiPhone8ではとくにこれまでの常識を覆すレベルの機能変更が多数取り入れられる見通しであり、ヘビーユーザーからこれまで以上に注目される要因になっています。一体、iPhone8では具体的にどのような点で機能変更が実施されるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

まずボディデザインが違う!圧巻の有機ELディスプレイ

iPhone7から8への最もわかりやすいモデルチェンジとして挙げられるのは、やはりボディデザインの変更です。iPhone8ではガラス筐体と有機ELディスプレイが採用される見通しとなっており、事前に公開されたボディイメージでもiPhone7から大幅な脱却がはかられたことがうかがえます。ガラス筐体のほうはiPhone7ですでに採用されているため目新しさはあまり感じられませんが、有機ELディスプレイの搭載はまさに革新的といってもいいレベルであり、従来のiPhoneとは一線を画したデザインは「iPhoneであってiPhoneではない」と言われるほどです。

画面も変わる!のびるディスプレイで新感覚のiPhoneを実感

有機ELとならんでiPhone8の機能変更の目玉と評されるのが「のびるディスプレイ」の搭載です。正式名称をフレキシブルディスプレイといい、iPhoneの画面そのものを拡張させることができるとあってコアなユーザーからも注目されています。ディスプレイが拡張可能になることによって端末の操作性が格段に向上し、画面サイズを気にしなくても良くなります。あるいは、画面をスクロールする、という概念そのものがiPhone8以降からなくなるかもしれません。何気ない機能変更のようですが、フレキシブルディスプレイはiPhoneの歴史に革命を起こす大きな発明なのです。

なぜ、iPhone8では大幅な機能変更が行われるのか

新モデルの発表のたびに注目度の高い新機能を発表してきたiPhoneシリーズですが、iPhone8ではいちだんと大幅な機能変更が予定されています。iPhone7で搭載されたデュアルカメラや電子マネー機能が思いのほか不発であったこともその理由として考えられますが、よりポジティブな背景としては「iPhone生誕10周年」というキーワードが浮かび上がります。初代iPhoneのリリースからちょうど10年となる2017年はAppleにとって特別な年であり、なおかつ、既存のiPhoneのイメージから脱却するまたとないチャンスであるとも言われています。iPhoneにとって、2017年はまさに正念場なのです。

iPhone8で予定されている数々の機能変更がユーザーに受け入れられるかどうかは実際のところ未知数です。しかしながら、時代の先端を取り入れたVR対応3Dカメラやワイヤレス充電はiPhoneの歴史に一石を投じるほどの革命であり、終わらない挑戦の証であるとも言えます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ