iPhone8に搭載される指紋認証機能とは

今さら指紋認証と言われてもピンとこないユーザーが大半だと思われます。ただし、iPhone8で搭載予定の指紋認証はこれまで通りのスタイルではなく、縦長の有機ELディスプレイを軽くタッチするだけですべての認証が完了するという新しさがあります。画期的と評価される新しい指紋認証システムとその弱点についてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

目立たないけど大きく進化!変わりつづけるiPhoneの指紋認証

ホームボタンを廃止し、認証機能をそのままディスプレイ内に埋め込んだところに今回の指紋認証の工夫があります。ディスプレイを有機ELの縦長タイプに変更したのも、また、湾曲型のディスプレイを採用したのも新型指紋認証を導入するためだと見られており、Appleがどれだけ指紋認証に力を入れているかがうかがえます。指紋認証はすでにiPhoneの代名詞ともなっており、Appleのほうも一部の端末で早くも虹彩認証を実用化しているandroidに何らかの手段で対抗したいという思惑があり、認証機能をディスプレイ内に埋め込むのもユーザーへのアピールの意味合いが強いとも分析されています。

指紋認証は非搭載?iPhone8の気になる噂

ホームボタンがなくなったことで、有機ELディスプレイ内に指紋認証機能が移されるとの見方が強まっていたiPhone8ですが、発売ギリギリになって「指紋認証が搭載されない?」という情報が発信され、見通しはふたたび振り出しに戻っています。AppleのほうはiPhone8の認証方式については決定的な言及をくわえていませんが、いくつかの事実を積み重ねることで真相に近づくことができます。まず、iPhone8において採用されると見られるベゼルレスデザインでは基本的に従来の指紋認証方式に対応することができず、なおかつディスプレイ内に埋め込まれた「バーチャルホームボタン」に認証機能を埋め込む技術が確立されていないことから、iPhone8で指紋認証が搭載される可能性は俄然低くなってきました。指紋認証の代わりとして有力視されているのが顔認証であり、フロントカメラの性能を向上させたのも認証方式の変更を視野に入れた計画だったのでは、とも言われています。ただし、顔認証のほうにも技術的に不安が残るとも見られており、iPhone8の認証方式についてはまだまだいろいろな憶測が流れそうです。

iPhone8の認証方式は指紋認証で決まりかと思われてきましたが、発売日が予測される段階になって顔認証の可能性が指摘され、状況はふりだしに戻りつつあります。ホームボタンの廃止や有機ELディスプレイの採用はもはや決定事項であり、それらの事実を手がかりにするとiPhone8の認証方式が何となく予想できそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ