iPhone8のフロントカメラによる3D画像認識を搭載!虹彩認証や顔認証も可能に!?

携帯端末のセキュリティシステムは今や、指紋認証から顔認証、虹彩認証へとシフトチェンジしつつあります。果たして、iPhone8もこの流れに追随するのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

顔認証って本当に安全で確実なの?

ユーザーの素朴な疑問として、「顔認証は本当に安全なのか」という声があります。実際、iPhoneに先行して顔認証を標準搭載しているandroid端末では「不明瞭な映像でも認識されてしまう」、「写真などでも認証されてしまう」などの問題が報告されており、最新モデルでは虹彩認証に切り替えられています。写真などから認証が行われるのだとすれば、たとえば偽造した保険証や運転免許証などをかざすだけで本人以外でも端末を操作できることになり、セキュリティが簡単に破られてしまいます。顔認証は確かにパスワードによるロック方式よりもiPhone8のセキュリティは保たれますが、犯罪に利用されるリスクがあるという意味でまだまだ改良の余地がありそうです。次世代の認証システムとして期待されている声紋認証も、顔認証と比べるとセキュリティレベルが高いと言えますが、特殊な機械で復元した音声への反応など、悪用されるリスクをゼロにはできません。パスワードや指紋認証にかわる完璧なセキュリティシステムの搭載は、iPhone8の技術力をもってしても難しいのかもしれません。

3Dカメラが変える!ゲームアプリの新たな楽しみ方

高度な顔認証システムを可能にする3D画像認識機能は、iPhoneシリーズの新機軸のなかでも大きな目玉だと言われています。3Dカメラはゲームアプリでも威力を発揮し、SNSと連動させることで今までにはない楽しみ方が実現できます。たとえば、iPhone8のフロントカメラで自分の顔や全身を撮影しアプリに認識させれば、自分自身の画像をゲーム内のアバターとして使用することができます。あるいは、手書きで描いたイラストをフロントカメラでスキャンすれば3D生成アプリで立体的な映像として再現することができます。技術がさらに進めば地図を画像としてそのまま取り込み、マップアプリによく行く目的地として登録することも可能になるかもしれません。認証システム以外にも使い方が広がるiPhone8のフロントカメラをぜひ一度お試しください。

iPhone8のフロントカメラは顔認証システムのためだけにあるのではありません。Appleはゲームアプリとの連携や描画機能の拡充などを当初から視野に入れており、ここにきてその青写真が形になった、ということのようです。仮にiPhone8以降虹彩認証が取り入れられるとすれば、フロントカメラの役割はますます大きくなることが予測されます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ