Apple社、iPhone8に耳や手のひらでの生体認証も可能に!?

iPhoneを使っていて意外に煩わしいのが画面ロックの解除。スリープモードはiPhoneに必須の機能なので仕方ありませんが、スリープモードを解除するたびに認証が必要なのはいかにも面倒ですよね。そうかといってiPhone8をロックしないわけにはいかないし……というユーザーの声にこたえて、Appleはさらに一歩進んだ生体認証システムを開発中との噂です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

これもAppleの戦略?顔認証や虹彩認証の導入がここまで遅れた理由

iPhoneシリーズにはとっくに実装されていてもおかしくない顔認証と虹彩認証、ここにきてついにこのうちのどちらかがiPhone8に標準搭載されるという情報がまわってきましたが、これまで通り指紋認証一本に絞られるとの噂もあり、実態は未だにつかめません。ただひとつはっきり言えるのは、顔認証や虹彩認証の導入がここまで先送りにされた背景にはApple側の緻密な計算があるということで、ただ単に開発の遅れや戦略のミスではないということです。指紋認証以外の生体認証はすでにandroid端末で実装されていますが、予期せぬトラブル、たとえば写真などでも顔認証が行われてしまうなどの不具合が少なからず報告されており、完璧なシステムとは言いがたい面があります。Appleとしてはandroidの不具合を充分に分析したうえで、より完璧な生体認証システムを構築したいとのねらいがあると見られています。すなわち、これまでの数年間はAppleにとって準備期間であり、予想される不具合が出尽くした今、実装の時機は熟したと見るのが正確な読みのようです。

手のひらをおサイフに!進化をつづける生体認証

iPhone8以降の生体認証システムとして「静脈認証」が提案されています。手のひらを端末にかざすだけで静脈から個人を特定するというもので、虹彩認証よりもさらに進んだ生体認証システムとして注目されています。また、これは厳密に言えば生体認証ではありませんが、体内にあらかじめ専用のICチップを埋め込み、専用の端末に手のひらを近づけるだけで代金の決済や公共料金の支払いなどが瞬時に行える技術も研究段階に入っており、これが実現すればiPhoneそのものを手のひらに埋め込むことも可能になります。手のひらだけですべてが行えるSFのような世界は、案外、すぐそこまできているのかもしれません。

虹彩認証がandroidで実用化された今、Appleの関心はさらに一歩進んだ生体認証に移っています。その一例が静脈認証であり、手のひらをかざすだけで個人が特定できる認証技術はiPhoneにとどまらずあらゆる端末において利用価値があります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ