全面ガラス張り、Pグラフィック性能、AR…今年発売のiPhone8の性能とは

10年目の集大成ということで数々の新機能が盛り込まれると期待されるiPhone8。いろいろと情報が錯綜してわかりにくい部分もありますが、ともかく、iPhone7と比較してもまったくべつのモデルと言っていいほどデザイン面でも機能面でも飛躍を遂げるのではと注目が集まっています。iPhone8に搭載予定の新機能を整理しつつ、性能についても具体的に考察してみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8はひと味違う!シリーズ集大成とよばれる理由

iPhoneなんてシリーズが変わるだけで性能はほとんど同じ……そう思ってiPhone8にもほとんど期待していない皆さん、ちょっとお待ちください。今回のモデルチェンジは中身も注目度もひと味違います。何しろ、ボディの素材がアルミニウムからガラスになるのですから、見た目からしてがらりと変わってしまいます。もちろん、見た目だけではありません。ここ数年のトレンドといわれるARにも完全対応し、翻訳アプリや教育アプリが使えるようになるなど、暮らしをささえるツールとしても活躍してくれます。メモリが3GBということで、負荷のかかるゲームアプリなどをいくつも同時に起動させても動作が遅くなることはありません。音質もよりクリアになり、iPhone7で一時期話題となった原因不明のノイズはもちろん解消され、これまでは聞きにくかった音域まで忠実に再現できるなど、オーディオ性能も格段に進歩しています。

大胆なモデルチェンジはいらない?複雑なユーザーの本音

iPhoneの新モデル発表というと、どうしても目新しい機能やこれまでにはなかった使い方にばかり目をうばわれてしまいますが、大がかりなモデルチェンジを心から望んでいるユーザーは実は全体で見るとほんの少数派で、大部分のユーザーは派手な新機能を望んではおらず、ただ「今のままの機能で少しずつ性能が良くなってくれればいい」という風に考えているようです。とくにiPhoneビギナーにとってはあまり複雑な新機能はむしろ使いにくいだけで、iPhoneを敬遠する理由にもなっているようです。ただ、iPhone8ではワイヤレス充電やARなど暮らしを直接サポートしてくれる新機能が多数盛り込まれる予定なので、ビギナーの方にとっても注目する価値は高いと言えます。

いよいよ発売秒読みのiPhone8.目新しいギミックが次々に公表される一方で、肝心の性能については未だベールに包まれている感があります。ガラス張りの湾曲型ディスプレイなど、今回は見た目からしてかなり攻めた印象を受けますが、この大胆なモデルチェンジは果たしてユーザーに受け入れられるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ