海外市場におけるiPhone8の立場

Appleは、いわずと知れた世界的企業です。そのため、日本でiPhone8が話題になっていますが、世界中でも同じく高い注目度を誇っています。国内におけるiPhone8熱は周知の通りですが、その点海外ではどのような評価を受けているのでしょうか。海外市場ではどのような売れ行きを見せるのか、ファンの加熱ぶりから考察していきたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

海外におけるiPhone人気

まず、そもそも海外市場でiPhoneはどのような見方をされているかについてです。あくまで、一部のネット情報を参考としているためそれがすべてともいい切れませんが、実際のところ盛り上がりは徐々に収束してきているという論調が強いです。ライバル端末がシェアを広げてきていること、かつてのような革命的展開があまり見られなくなってきていることなどが影響しているそうです。そうした基本的な風潮から考えると、やはりiPhone8もそこまでの市場における盛り上がりは見込めないかもしれません。

とはいえ、だからといって実際注目度が低いというわけでもありません。リリース後の盛り上がりは、やはり期待できます。その理由について、次項よりさらに詳しくご紹介していきます。

iPhone8だからこその評判

iPhoneの新機種に変わりありませんが、iPhone8はそんな中でも少し特別な位置づけとなっています。まずひとつに、Apple社の10周年記念モデルである点です。周年を記念されたモデルであるため、現在のiPhoneファンのみならず、往年のAppleファンからも大いに注目されています。そして、そんな特別モデルだからこその充実した新機能も魅力的です。前面ガラス張り仕様や3Dカメラ、新たな認証システム、ホームボタン廃止など、革命的な進化の部分も決して少なくはありません。こうした面を踏まえると、確かに海外のiPhone熱は収束気味という風潮でありながらも、iPhone8についてはまた違った見られ方をするのではという予想も立てられます。

海外市場における期待値

iPhone8自体の注目度は、前述で触れた通り決して低くありません。ですが、注目度と市場における売れ行きはまた別です。実際、広く購入される見込みはあるのでしょうか。その点について、海外ファンは少々及び腰となっているようです。というのも、価格がハイエンド向けであるためです。より手の届きやすいストレージ容量タイプであっても、10万円以上の価格になると予測されています。そしてこの価格に抵抗を覚えている人は、事実少なくありません。現在もなお大きなiPhone熱を誇る日本と比べ、海外についてはやや苦戦も予測できるといえるでしょう。

周知の通り、今なお日本では広くiPhoneが人気を博しています。ですが海外については、少々収束気味というのも実際のところです。iPhone8は10周年モデルという特別な位置づけですが、価格が10万超えであろうという予測から、やはりこちらも売れにくいのではといわれています。日本と海外では、少しばかり市場の盛り上がりが変わってきそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ