iPhone8で導入されたベゼルレスデザインとは

iPhone8にて確実性の高い情報として、ベゼルレスデザインが噂になっています。これまでのスマートフォン市場ではほとんど見られなかった珍しいデザインであるため、リリース前から高い注目を集めています。そんな、ベゼルレスデザインの詳細やソース情報、メリットなどについて特集しました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ベゼルレスデザインとは

ベゼルレスデザインは、数多く普及しているスマートフォン市場の中でもまだほとんど見られないタイプです。これは、いわばスマートフォン画面より枠部分が大きく排除されたデザインを指します。つまり、枠部分も画面の一部にすることで、表示領域を最大限広げられるようになっているのです。同時に、iPhone8発売と同時期にリリースされるiOS11では、このベゼルレスデザインに合った仕様が採用されるのではと予測されています。

iPhone8におけるベゼルレスデザイン

さて、前述の通りベゼルレスデザイン=画面から枠を取り去ったようなデザインとなりますが、iPhone8は全面が完全に表示領域となっているわけでもありません。なぜなら、どうしても画面にすることができない部分が存在するためです。それは、上部フロントカメラや受話スピーカー、そしてセンサー部分などです。そのため、上部の中央付近一帯については、ある程度ベゼルが残った感じとなると予測されています。

なぜベゼルレスデザインになるといわれているのか

iPhone8については、まだ情報がそこまで充実していません。秋のリリース時期までまだ期間がありますし、またTouch ID関連の製造において発売延期するなどともいわれているためです。にもかかわらず、なぜベゼルレスデザインが予測されているのでしょうか。

理由は、たとえばスクリーンプロテクター製造メーカーによるリークです。プロテクターもまたベゼルレス対応になっており、本体側のベゼルレスデザインも容易に想像できるというわけです。また、全面ガラス張りデザインに向けた強化ガラス導入などの情報も予測ソースのひとつとなっています。これまで以上に革新的なデザインが、期待されてならないといったところです。

ベゼルレスデザインとは、ベゼルこと周囲の枠部分が取り除かれたデザインのことです。iPhone8においては、フロントカメラやセンサー部が搭載されるため、上部中央のごくわずかな領域のみはベゼルが残るといわれていますが、それでもこれまでにない大画面が期待されてなりません。比較的信用度の高いソース情報も出回っているので、注目しておいて損はないでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ