【どう変わる?】iPhone8の3Dタッチモジュールについて

iPhone7からiPhone8にかけての大きな進化ポイントとしてユーザーが口々に挙げるのが3Dタッチモジュールです。iPhone8ではホームボタンが仮想アイコンとしてディスプレイに格納されるため、指紋認証の要である3Dタッチモジュールのかたちも大きく変わることが予測されています。iPhone8で注目される3Dタッチの概要についてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

こんなに変わる!iPhone8の3Dタッチ

iPhone8最大のモデルチェンジといえば、何といってもホームボタンの廃止でしょう。iPhoneの代名詞ともなっているホームボタンがiPhone8ではなくなり、同様の機能がファンクションエリアとしてディスプレイ内に格納される見通しとなっています。それにともない話題となっているのが3Dタッチモジュールの処遇です。これまでのシリーズでは3Dタッチモジュールによって高精度の指紋認証システムが実現されており、iPhone8でも同水準の認証性能が搭載されると見られています。3Dタッチモジュールをディスプレイに格納する説が現時点では有力視されており、iPhone8でもこれまで通り指紋認証が使えるというのが大方の見方のようです。

3Dタッチが廃止?iPhone8のちょっと気になる情報

デザインが一新されるiPhone8.ここにきて、3Dタッチモジュールそのものがなくなるという噂が流れてきました。Appleとしては指紋認証から顔認証に切り替える意向であり、それにともなって3Dタッチモジュールが不要になるとの見方が強まっているのです。3Dタッチモジュールを廃止することでその分メモリにも余裕ができ、これまでのiPhoneでは実現できなかった画期的な新機能が追加される可能性があると期待されています。仮にiPhone8で顔認証が搭載されればわざわざ指紋を読み取らせる必要もなくなり、画面を数秒見つめるだけでロックが解除できたりと、手間を意識することなくよりいっそうスピーディに端末を使いこなせるようになります。ただ、便利そうに見える顔認証も暗いところでは正確に読み取れないなどの弱点があるため、3Dタッチモジュールの役割はまだ終わっていないという見方もあります。

何かと注目の的になっているiPhone8の3Dタッチモジュール。引き継がれるにしても廃止されるにしても、iPhone8最大のモデルチェンジとなりそうです。ホームボタンを廃止したオールフラットディスプレイは有機ELの採用によって省エネ性能がはるかに良くなり、バッテリーも長持ちすると期待されています。指紋認証と顔認証の2択になっているようですが、結局は両方を組み合わせた認証機能になるのではとの予測も有力のようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ