iPhone7sの壁紙はどこで手に入れる?

期待膨らむiPhone7sですが、気になる発売日については様々な憶測が飛び交っています。一応日本では9月発売というのは確実視されており、iPhone7発売日が9月16日だったので、20日から25日付近が有力とされています。海外のITサイトからの情報と、日本のおける情報を統合すると、iPhone7sは4.7インチ、5.5インチ、iPhone8が5.8有機ELを採用するとの話が出ていますね。今回はiPhone7sの壁紙の入手方法をご紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

スマートフォンの壁紙と表示速度

現在発売されている、iPhone7のパフォーマンスを向上させる予定のiPhone7sは、現在のiPhone7も既に全てのスマートフォン機種で、ベンチマークテストにおける性能はNo.1となっていますので、性能に関する心配はまず必要ありません。ところで、スマートフォンの表示速度について、iPhoneのユーザーでは表示速度に不満を持つ人はいるのでしょうか?

スマートフォンの壁紙とは、パソコン画面におけるログイン後に表示される背景画像のことで、wallpaperと検索すると、ほとんどがJPEGやPNGなどの画像が使われています。表示速度をあげるなら、基本的には標準搭載の壁紙がどの機種でも、最も軽いサイズになってるのは常識です。画像の拡張子を見れば、画像形式がわかるようになっています。最も軽いのがGIFですが、平面的で立体感の無いフラットな画像なので、壁紙に使われることは少ないですね。それに代わりより鮮明な画像を提供しているのが、PNG形式で、非常に画質が綺麗な点は突出しているため優れています。サイズが大きくまた圧縮しても劣化しないために、非常に綺麗なんですが壁紙の種類はまだまだ少ないと思います。

そうなるとやはり最も多いのがJPEG形式の画像ですが、これは作成された時に画像処理で、いくら綺麗でも非常に表示が重い壁紙も存在することになります。また自分で撮影した画像をそのまま壁紙にするよりも、ネットサービスを使って画像を圧縮した方が、表示が遅いという事は少なくなりますね。

iPhone7sの公式壁紙はあるの?

Apple社の公式サイトでは、壁紙などの公式リリースはありません。そもそも標準搭載の機能をあまり改変しないで欲しいというのが、企業のスタンスなので、iPhone7sの壁紙に関しては、有志のユーザーが独自に作成していることになります。

iPhone壁紙」とか「iPhone Apple社の公式サイトでは、壁紙などの公式リリースはありません。そもそも標準搭載の機能をあまり改変しないで欲しいというのが、企業のスタンスなので、iPhone7sの壁紙に関しては、有志のユーザーが独自に作成していることになります。

ただ「iPhone壁紙」とか「iPhone wallpaper」と検索すれば、上位にあがってくるサイトの画像は、どれもiPhoneの画面サイズに合わせて加工されていますので、お目当ての画像を長押ししたり、 パソコンから取り込んでスマートフォンに移して利用することも可能です。

wallpaperと検索すれば、上位にあがってくるサイトの画像は、どれもiPhoneの画面サイズに合わせて加工されていますので、お目当ての画像を長押ししたり、 パソコンから取り込んでスマートフォンに移して利用することも可能です。

iPhone7sの壁紙設定

これまで携帯電話を使ったことがあるユーザーなら、iPhone7sの壁紙設定は非常に簡単だと思います。初めてやってみたいという方の為に、方法を少しご紹介しましょう。

まずiPhone用の壁紙配布サイトからダウンロードする場合は、大抵は画像をタッチして長押しすれば、「画像を保存」と表示されますので、それをタップして保存します。

続いてホーム画面から「設定」、「画像の選択」をタップし、選択するだけで表示されます。設定のところで画像の明るさを決めておくと良いかもしれません。パソコンから保存した場合は、iPhoneにはカードリーダーがありませんが、USBから画像を取り込めるので、iPhone用に加工された画像や、ダウンロードした画像を加工すれば使えるようになります。アップルストアには、JPEG/PNG変換専用のiPhoneアプリも提供されていますので、スマートフォンからでも画像処理を行ってサイズを軽くすることもできます。

結論から言えば、iPhone7sでも最も表示速度が速く、サイズも軽いのが標準搭載の壁紙です。スマートフォンもパソコンと同じように、一旦起動すると様々な処理をバックグランドで行っているため、インターネットで表示速度が遅い場合は、サイトで使われる画像のサイズが大きすぎる場合が多いのです。壁紙を選ぶポイントは、色数が少なく出来れば黒い部分が多いとか、暗めの壁紙を選ぶとスマートフォンの処理速度は、やや早くなる傾向がありますね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ