iPhone7sで使える?便利なウォレット機能

iPhoneに搭載されているウォレット機能、なんとなく知っている人は多いかもしれませんが、

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneのウォレット機能はどんなもの?

Walletとは、文字通り財布という意味です。iPhoneがお財布としての役割を果たす機能であり、これ一つでお財布を持ったり、財布から雑多なクレジットカードを探す必要性もありません。是非この機会にiPhoneのWallet機能を知っておくとよいです。

Walletアプリを利用することで、クレジットカード、デビットカード、いろいろなショップのショップカードや飛行機の搭乗券、映画館のチケットやクーポンに至るまでまとめて管理をできる画期的な機能です。それらのパスは、必要になった時にロック画面に表示されるという形ですのでセキュリティも安心です。

iPhone7sにWallet機能は搭載されるの?

iPhone6シリーズにはすでにWallet機能が搭載されており、多くの人に利用されています。ですので、今後販売が予定されているiPhone7sシリーズについても、Wallet機能は搭載されると考えるのが自然です。なぜなら、Wallet機能はiPhoneのOSがiOS9の頃から搭載されており、現在ではiOSは10だからです。

今後は電子マネーなどと連動することによって、より利便性が向上しますし、iPhone一つでできる機能が増えていくと考えられます。海外で先行している決済サービスであるApple PayやモバイルカードリーダーSqureなどとの連携で使用頻度が増えていくでしょう。

Wallet機能を使用するメリットは

iPhoneのWalletアプリには便利な機能がたくさんあります。空港の入場チケットとして使用できます。アプリですのでチケットを紛失するリスクもなければ、該当チケットの航空便に欠航や遅れなどの変更があれば知らせてくれるという不測の事態に対応する機能があります。

映画館やコンサートのチェックイン機能としてもそのまま使うことができます。紛失のリスクをなくすだけでなく、クーポンとしても使用することができ便利です。さまざまなストアのクーポンやギフトカードも利用することができますし、今後は対応店舗やサービスが増えていくとも予想されています。これからiPhone7sを購入しようと思っている人にとっては、ぜひとも抑えておきたい機能の一つとなるでしょう。

iPhoneに搭載されており、各種チケットの発券やクレジットカード、クーポン付きカードなどの特徴がある機能、それがWallet機能です。アプリケーションをダウンロードして登録するだけで利用することができる便利さで人気になっています。映画のチケットや空港のチケットを自宅で発券することができるだけでなく、空港チケットなら当日の状況の変更まで知らせてくれるという便利な機能があります。今後販売されていくと思われるiPhone7sシリーズにも搭載されると考えられています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ