iPhone7sの着信音はどう設定する?

着信音というと、機械的な音を想像してしまいます。もしくは、かつての黒電話のようなけたたましい音です。実際には、ほとんどの人が着信するときには、歌、メロディーを設定しているのではないでしょうか。

自分が好きなアーチストの曲のサビ部分、オルゴールアレンジのメロディー、歌がないカラオケ、などは着信音として設定できます。iPhone7sの着信音は、どうなっているのでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

自作のメロディーを着信音に

着信音を凝ったものにしようとする人の究極は、自分でメロディーを作ってしまおうということではないでしょうか。通常、メロディーを作るとなると、パソコンで作って同期させる(iPhoneとUSBケーブルでつないでデータを送る)という方法しかありません。つまり、自作のメロディーとパソコンが必要なのです。

iPhone7sでは、パソコンがなくても作曲できる機能ができます。とはいっても、これはアプリでのお話となるでしょう。アプリをダウンロードすれば、iPhone7sで自作のメロディーができるのです。

また、着信音は40秒以内にしないと設定できませんが、iPhone7sでは、50秒まで延長されるでしょう。ホームの発車音のように、着信音もバラエティに富んだメロディーラインが作られることでしょう。着信音集というカテゴリは、もっと広がります。

1曲のうちのどこを着信音にするか

自分が好きな曲を着信音にするときに、サビの部分が好きならそこをピックアップします。意外に、頭のイントロ部分がいいという場合もあるでしょう。サビなのか、AメロなのかBメロなのか、イントロなのか間奏なのか、それだけを選ぶと、iPhone7sの方でこのあたり、と選んでくれます。何分何秒から何分何秒まで、という細かな制定をしなくてもいいのです。

電話がかかってきたときの着信音、メールが来た時の着信音、メッセージが届いた時の着信音、と同じ曲でも違う部分を設定できます。それが、曲を一つ選ぶと一括で設定できるとなると、かなり面白くなりますね。

デフォルトの曲数

デフォルトとは、iPhoneにはじめから入っている着信音のことです。このままにしておくと、同じ着信音の人が多く、自分に電話がかかってきているのに気がつかないという事態になりかねません。

それに、iPhoneのデフォルトの着信音がコワイというイメージを持っている人が多いそうです。いきなり外を歩いていてコワイ印象の着信音が鳴ってしまったらたいへんです。

そこで、iPhone7sでは、デフォルトとしてはじめから入っている曲数が多くなっています。好きなイメージを選び放題になるわけです。また、始めから設定されている着信音は基本的になくなり、自分で設定しなければならないのです。デフォルトにこだわらずに、着信音の設定ができますね。

着信音、というと曲の一部分を設定する人は多いでしょう。選びきれないくらいの選択肢がでてくると思われます。さらには、曲ではなく、何かが落ちる音や無機質な音に凝って着信音に設定するという人もでてくるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ