iPhone7sで気をつけたいマルウェアの恐怖

マルウェアは、iPhone7sに限ったことではありません。悪質なソフト、迷惑をかけるソフト、つまりはウイルスやワームの総称としてのマルウェアです。原因と対策から、iPhone7sのマルウェア対策を考えてきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

原因不明のサイトへのアクセスは

ウイルスが入りこんでしまう原因のひとつは、原因不明のサイトへのアクセスです。原因不明というのは、サイトの管理者がよくわからないものや、誘導によってクリックされてアクセスしてしまったサイトということです。iPhone7sでは、はじめてアクセスするサイトに行く時には、画面が変わって警告が出る機能がある他に、本当にこのサイトにアクセスしていいですか?といった確認が出てくるのではないでしょうか。

警告がしつこいくらいに出れば、アクセスするにもどうしようかこんなに言われているのだからやめておこうか、と考えて、マルウェアからの脅威を回避できるチャンスが増えるのではないかと思われます。怪しげなサイトが100パーセント害を与えるものではないですし、むしろマルウェアだと警戒しないサイトにこそ潜んでいるものです。

始めて届く知らないアドレスのメールには

今日名刺交換をした人から、その日のうちにビジネスメールが届く、ということはあり得ます。タイトルに名前が入っていて、わかりやすく表示してあり、その反面いかにもビジネスメールということがわかるものです。そんな時にも、始めて届いたメールアドレスのメールを開く時には、画面の表示が変わるとか、自宅でなら警告音が鳴るとか、何かしら「大丈夫?」と確認させてくれる時間を与えてくれる機能を持つのがiPhone7sかもしれません。

既に、警告画面が出てくるものでも、iPhone7sでは、考えてちょっと待て、という時間がより多くなるかもしれません。一見、面倒臭いかなと思っても、後から考えるとこの考える時間があって良かった、くらいの機能により、マルウェアからの恐怖を限りなくゼロに近くしてくれるものです。

アプリをダウンロードする時には

iPhone7sでも、便利なアプリはたくさん作られるでしょう。日常生活を便利にするために、どんどんアプリをダウンロードして使いたくなるくらいです。アプリのダウンロードをする時にも、マルウェアの恐怖はついてまわります。それは、公式アプリのサイト以外からも、便利なアプリがあるからといってダウンロードしてしまうからです。一度ウイルスが入ってしまうと、最悪の場合はそのiPhone7sは使えなくなってしまいます。工場から届いた状態にまで初期化されてウイルスが削除されればまだいいほうなのです。

iPhone7sでは、アプリをダウンロードする時には、もはや公式サイトからしかできなくなるのではないでしょうか。公式サイト以外からダウンロードしようとするとできないで、脱獄しなければダウンロードできないくらいかもしれません。

iPhone7sであっても、やはりマルウェアの恐怖というものはついてくるものと考えられます。事前にあらゆる対策をして、大切にiPhone7sを使いたいものですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ