iPhone7sに搭載されそうな顔文字は

顔文字とは、記号などを並べたり組み合わせて顔のように見せる文字のことです。その日の気分を知らせたり、文字だけのメールを和らげる役割もあります。iPhone7sシリーズにもバリエーション豊かな顔文字が搭載されると予測されます。顔文字機能を知ってよりiPhoneライフを充実させましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

そもそもiPoneにどんな顔文字が搭載されてるの?

顔文字とは、言うまでもなく字を組み合わせて表現した顔のことです。絵文字と違って科文字自体が記号の組み合わせです、特に「(」「/」「^」などといったさまざまな記号を使って顔のように文字を表現します。自分で作るのはかなりな技量が要されますので、もともとスマートフォンに搭載されている顔文字を使用するのが定番です。

iPhoneには実にバリエーション豊富な顔文字があふれています。その技術はiPhoneのOS、すなわちiOSが進化するたびにその顔文字についても進化しています。今後発売が期待されるiPhone7sシリーズにも、ユニークかつ人がホッとするような素敵な顔文字がたくさん搭載されるのではないかと予測されています。

iPhone7sシリーズで簡単に顔文字を入力する方法

顔文字は特殊記号やアルファベットを組み合わせたものです。たとえば、iPhoneに限らずに入力するオーソドックスな方法といえば、「ごめん」やおやすみ」などとシチュエーションの言葉を入力して使います。

iPhoneならではの特殊な方法としては、キーボードの英字パレットを開き、それから左下の123という数字や数種類の特殊な記号のあるパレットを表示します。そのあと、その記号を適当に長押しすると、その記号を使った顔文字が表示されますので指でタップするとよいでしょう。例えば¥に対し$など、長押しされて表現される文字を表示して長押しするといろいろな顔文字を楽しめます。

iPhone7sシリーズにも顔文字ができる?

iPhone7sシリーズにももちろんこのような機能は搭載されると考えられています。それ以外にも「きごう」と入力してそこから返還される顔文字を使用するという方法もあります。そういった組み合わせによりオリジナリティーの高い顔文字をより使用できるようになるでしょう。使い慣れたユーザーなら、そういった機能を使って自分でオリジナルの顔文字を作ることもできるでしょう。

また、iPhoneに搭載されている顔文字一買いを使用するのであれば、App Storeで顔文字登録ができるアプリをダウンロードすることにより、よりたくさんの顔文字を使えます。

iPhone7sシリーズにもバリエーション豊かな顔文字が搭載されると予測されます。さらに、長押し機能を使うことで、簡単にその記号を用いた顔文字を使うこともできます。もっと顔文字ライフを充実させたいのであれば、App Storeでダウンロードできる顔文字専用のアプリを使うという方法もあります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ