iPhone7sでインターネットを便利に観覧するには

iPhoneでインターネットを閲覧する方法としてはsafariが挙げられます。iPhoneユーザー以外にはあまりなじみのないsafariかもしれませんが実は、使いこなすことでかなり機能が充実することがわかります。今後発売が予定されているiPhone7sについてもsafariを利用するわけですから、その利用方法を知っておくとよいでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneにもともと搭載されているsafari

safariとはiPhoneにもともと搭載されているインターネットを楽しむ機能であり、safariを使うことで快適なネット環境を実現しています。SafariはiPhone端末にすでにプリセットされており、今後発売が見込まれるiPhone7sでも同様であると思われます。基本的な使い方としては、safariを開いてGoogleと薄く表示されているところをタップし、そこからキーワードを入力し検索します。見たいところをタップすればページが進み、元のページを再び見るなら、左下の三角マークをタップして戻れます。好きなページはブックマークで保存できますし、何しろサクサク進むことからストレスフリーでインターネットを利用できます。

iPhone7sでもっと活用したい、インターネットの楽しみ方

iPhone7sにも搭載されるであろう、インターネット閲覧機能safariにおいては、自分の興味のあるホームページ以外にも、いろいろなものを閲覧できます。たとえば、乗換案内や天気予報サイトなどがあらかじめ登録されていますので、それらはすぐにクリックしただけで検索できます。あらかじめ見たいページをブックマークに登録してから閲覧する場合は、ブックのボタンをクリックすることで瞬時に探せます。また、ソフトバンクなどキャリアのサポートページやマイページにログインすることで、請求料金も確認できます。このように、便利な機能がそろっています。

圏外でもウェブページがみられる?safariのもっと進んだ使い方

最近ではインターネットのウェブサイトは、調べ物をするという機能だけでなく暇つぶしとしても使用している人が少なくありません。しかしながら、地下鉄など電波の届かないところでは閲覧できないのが欠点です。safariにはそのような欠点を補う機能があります。safariにあるリーディングリストという機能を使うと、後で読みたいホームページを登録してオフラインで読むことができます。使い方はいたって簡単で、safariのウェブページで後で見たいものを共有アイコンにて登録します。その後、表示されたメニューの中からリーディングリストに追加、を選ぶだけで後で読みたいページがリスト登録できます。

iPhoneのインターネット機能としてはsafariが挙げられますが、ブックマークやリーディングリストといった機能を使うことによって、より充実したインターネット環境を楽しむことができます。今後発売されるであろうiPhone7sにおいてもsafariが主に使われると考えられます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ