iPhone7sの発売予約は2017年9月にスタート?!

2017年販売が予定されていますiPhone7sですが、9月に予約してから出荷するまでに数週間遅れるかもしれないとのことです。今年はiPhone発売から10周年を記念した、プレミアムモデルと呼ばれるiPhone7sがリリースされる予定になっていて、以前より世間をにぎわせていますよね。確かに、OLEDディスプレイの搭載や、3Dセンシング技術の装備などの遅れが指摘されてはいました。やはりこの心配は現実となってしまうのでしょうか。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sの発売予約は2017年9月にスタート?!

iPhone7sに搭載されるかもしれない新技術が原因

今までのうわさではiPhone7sは9月に予約が開始する予定でした。iPhone7sはフチをなくしたベゼルフリーのディスプレイを採用することで、サイズはそのままでありながら画面サイズのみアップさせます。それにより手にするサイズ感そのままで、5.8インチのディスプレイを実感させてくれるというものです。
また、iPhone7sではついに、OLEDディスプレイの採用も検討しているようです。OLEDディスプレイというのは、有機ELディスプレイとも言い、自ら発光することができるため、バックライトの設置が不要となります。そのおかげで超薄型のディスプレイが可能となるのです。もしそれが本当ならば、現在、iPhoneの象徴とも言える、物理的ホームボタンを廃止し、タッチパネル方式への移行も、不可能ではなくなりそうですね。

そして3Dセンシング技術の搭載についてです。iPhone7sでは、対象の物の形状を立体的に認識することのできる、3Dセンシング技術を採用し、顔認証や虹彩認証を行おうとしているらしいのです。顔認証技術は指紋認証技術と比べても、セキュリティ対策としてはより安全性の高いものです。もしこれが搭載されれば、Appie Payの信用度は上がり、利用者がますます増えることになる可能性が高くなるのは必然といえます。またAR(拡張技術)やVR(仮想現実)など幅広く活用することで、今後搭載されるゲームにも立体感と臨場感を味わうことのできるものなんかが登場したりして、これからの開発にも大いに期待が持てますよね。

iPhone7sの出荷はやっぱり遅れる?

しかし、これらはすべてうわさの域をでることはありません。夢のようなさまざまな技術がすべて搭載されたらiPhone7sは無敵だと思いませんか?残念ながら、そのうわさでさえも、実現には難しいとの否定的な見方も広がってきているようです。

これらは装備させる技術に問題があり、搭載の実現は今のところ非常に難しいとのことなんです。よって、現時点での見解としては、もうすでに出荷の遅れが見込まれてしまう事態となってしまったようでなのす。これまでの経験からすると、iPhoneの出荷については予約開始から最速1週間程度が多かったのですが、今回のiPhone7sは、がんばっても2、3週間以上はかかるのではないかとのことです。なんとも気を揉ませる情報ですよね。ただ、今までにも似たような事例がありましたので、そんなに心配する必要もないかもしれません。

iPhone5sのゴールドモデルやiPhone7のジェットブラックモデルは、予約開始と同時に瞬殺しました。おかげでパンク状態となり、出荷が非常に遅れてしまったことは、まだ記憶に新しいニュースですよね。予約はできたけれども、自分の手元に届くのはいつになるかわからないという不安定な状態が長く続きました。それでもみんなそれを乗り越えてきたわけですよね。ファンの忍耐力をあなどるなかれ。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ