iPhone7sの発売に遅れが?新ディスプレイの諸問題とは?

今までの傾向からして、通常で考えると2017年のiPhoneは、マイナーアップデートとなり、iPhone7s/iPhone7s Plusが発売されます。ところが、2017年といえば、iPhoneにとって発売開始から10周年の、記念すべき年ですよね。おかげでそのモデルについては、さまざまなうわさが白熱する一方なのです。ところがここにきてまさかの、そのユーザーたちをガッカリさせる悲しい情報が流れてまいりました。待ち望んでやまない、iPhone7sの発売に遅れが生じているというのです。いったいどういうことなのでしょうか。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sの発売に遅れが?新ディスプレイの諸問題とは?

OLEDディスプレイ生産が間に合わない?

Appie社は一時、OLEDディスプレイの生産について行き詰っているとの報道がありました。供給がとても追いつかず、10周年を記念したプレミアムモデルでの採用など、夢に描いた餅のような状態であったのですが、Apple社がOLEDディスプレイ用パネルをサムスンに大量発注したとの情報が新たに流れてきたことによって、その世間の心配なうわさはずいぶんと落ち着いてきたようでした。
やはりディスプレイの技術力と生産能力の高さは、サムスンの右に出るものはいないというくらいですから、サムスン以外のメーカーからのOLEDディスプレイの供給はかなり難しかったようです。Appie社のサプライヤーであるシャープなども、スマートフォン向けのOLEDディスプレイ製造を行ってはいますが、あのままのペースだと、OLEDディスプレイ搭載のスマートフォンはまだまだ数年後の未来ということになりかねなかったところです。

相次ぐ問題勃発か?

ところが今度はそのサムスン製のOLEDディスプレイ用パネルに問題が生じたようなのです。さらに、台北が本拠である富邦証券のアナリストArthur Liao氏の情報では、Apple社はワイヤレス充電のモジュールの加熱問題を未だ克服することができていないようだとしています。またIDC(データの管理などを行う拠点)のアナリストのSean Kao氏も新しいモデルの電子基板には、量産についての問題が発生していると述べているようです。
ただわずかな希望としては、このSean Kao氏が、新モデルiPhone7sの製造が遅れているわけは、今までの電子基板をさらに小型化することを目指し、従来のバッテリーよりもさらにパワーアップしたものを搭載しようとしているからに他ならないと、述べているところなのです。

発売遅延は最大で2ヶ月?

そんなわけで、iPhoneにとっては重大なこのミレニアムな2017年のiPhone7sは、やはり通常どおりのマイナーアップデートという説も消えてはいませんが、Apple社の絶え間ない努力を信じて、多少の遅れには目をつぶって待っているというのも、なかなかいいものではないでしょうか。もし遅れるのであれば、最大2ヶ月くらいだという報道もあるようですが、そうなるとだいたいクリスマスシーズンに重なってきますね。Apple社からのビッグなクリスマスプレゼントに期待しましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ