iPhoneXのタッチペンの選び方のポイント

ゲームの操作性を高め、イラストの描きやすさを向上させてくれるiPhoneXのタッチペン。一見同じように見えても、メーカーによってアクセサリーとしてのデザインに違いがあり、用途や好みに合わせてタッチペンを使い分ける必要があります。後悔しないかしこいタッチペンの選び方や、ペンの性能を存分に引き出せる使い方のコツについてまとめました。

iPhoneX 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

まずはデザインで選ぶ!クールなタッチペンでライバルに差をつけよう

iPhoneXで日常的にタッチペンを使う人は、iPhoneユーザーのなかでもかなりの上級者のカテゴリに入ると思われます。すでに実用化されているタッチペンはアクセサリーとしてのファッション性を意識したクールなデザインのものが多く、iPhone上級者がさりげなく使っていればそれだけでおしゃれな印象を与えることができます。ゲームをあまりプレイせず、おもにビジネスシーンでタッチペンを使うという人はペン先の細いオーソドックスなタイプが使いやすいでしょう。ペン先が細いほどタッチペンの操作性が良くなり、少しの力でもなめらかで快適な書き心地を実感することができます。まずは標準的なタイプのタッチペンから使いはじめて、ある程度慣れてきたらペン先の太い特殊なタイプを試してみる、というのもひとつの方法です。

アプリによってもいろいろ変わる!あなただけのタッチペンを見つけよう

これまでにリリースされているものだけでもたくさんの種類のタッチペンがあり、iPhoneビギナーは一体どれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。タッチペンはiPhoneを使ううえで絶対になくてはならないアクセサリーではないだけに、結果として優先度が低くなり、ついつい買わずに終わってしまうことも多いかと思われます。しかしながら、イラスト描画機能やハイスペックな3Dゲームを思う存分楽しむためにはタッチペンが必要不可欠であり、アプリによってペンを使い分けることでiPhoneXならではの操作感をよりいっそう楽しむことができます。基本的にイラスト描画ではペン先の細いタイプを使ったほうが描きやすく、図形の細かい輪郭などをリアルに表現することができます。反対に、アクション要素の強い3Dゲームなどはペン先の太いタイプのほうがキャラクターをダイナミックに操作することができ、ゲーム本来の醍醐味を余すところなく味わうことができます。

迷走、それも革新?iPhoneXの今後の方向性

iPhoneXでのタッチペン完全対応は、ユーザーの間でも評価が分かれるところです。「iPhoneシリーズの歴史を大きく転換する革命だ」として期待を寄せるユーザーもいれば、「原点回帰に名を借りた迷走」と辛口の評価をするユーザーも多く、具体的な評価はまだ定まっていません。とにもかくにも、iPhoneXでタッチペンが使えるようになることはほぼ確実であり、ユーザーの意見次第で今後の戦略が決まる、ということになりそうです。

ユーザーの評価はどうあれ、iPhoneXでタッチペンが導入されることは「コロンブスの卵」以上に画期的なアイディアとしてとらえることができます。今後はタッチペンの使用を前提としたアプリが多数リリースされ、タッチペンがふたたび必須アクセサリーになる時代がやってくるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ