iPhone7sの充電スピードは?スリープ解除の方法は?

2017年の今年はiPhoneにとっては、発売から10周年を記念したプレミアムな年です。プレミアムモデルとして次期iPhoneとうわさのある、iPhone7sについての新たな情報がまたまた流れてまいりました。iPhone7sに搭載される新たな2つの新機能とはいったいどのようなものなのでしょうか。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sの充電スピードは?スリープ解除の方法は?

充電のスピードがかなり高速化する?

次期iPhoneであるiPhone7sの充電速度が向上するのではないかとのうわさです。その根拠とは、充電するためのポートを管理する新型のチップが搭載されるとのことで、充電のスピードが格段に高速化するようなのです。その新型チップのことを「トライスラー3ハイドラ」と言い、急速な充電に対応することができるというもの。

そう言えばかねてよりiPhone7sが、ワイヤレス充電を採用するかもしれないといううわさはよく聞かれましたよね。もし充電のスピードが、ワイヤレス充電と同時に高速化されたりすると、かなり便利になります。ユーザーにとってはこの上なくありがたい話しです。ただしこのトライスラー3ハイドラには問題点もあって、このチップがクアルコム社製でないということから、同クアルコム社が開発した、スマホやタブレットを高速に充電できるという規格の「クイック・チャージには対応していないということらしいのです。

高速充電はやはり実現不可?

その対策としてApple社はがマックブック製品にも採用しているというUSB3.1 Type-Cを採用するという可能性は出てくるかもしれません。もしそのようなことになれば、現在、Apple社に多額のライセンス料をもたらしているという、ライトニング電子を撤廃することになってしまいますが、それは現実的ではないとの見解のようです。

またiPodには現在、同梱されている高速な充電を可能とするUSB電源アダプタが、iPhoneには同梱されていないという事実から見て、この予想についてはやはり実現するのは無理が多すぎるのではないでしょうか。

スリープ状態をささっと解除?

iPhone7sには、スリープ状態になっている画面をタップすることで、スリープ状態を解除させたり、または起動させることのできる機能が、採用されるという、うわさも同時に流れてまいりました。しかしiPhone7sには新しい機能搭載情報で、ホームボタンを廃止し、ディスプレイにセンサーが搭載されることにより、画面全体で指紋認証を行うTouch IDの採用を検討しているというのも最近よく耳にしますが、画面タップによる起動という機能は、もしかするとそのことを指しているのかもしれないとの憶測もされているようです。

これまでのiPhone7sのうわさには、OLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)や全面ガラス素材のボディデザインなど、さまざまなものがありました。Apple社はこれまでに10種類以上のプロトタイプの開発がされているようです。次期iPhone7sのプレミアムモデルはいったいどのような機能が搭載され、どのようなデザインになるのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ