iPhone7sのワイヤレス充電は確定か?Apple社がWPCに加盟?!

次期iPhoneとしてうわさのある、プレミアムモデルiPhone7sの新機能情報のうち、ワイヤレス充電の採用について、さらなる情報が流れてまいりました。ワイヤレス給電の国際基準規格である「Qi(チー)」の策定や普及を進めている、さまざまな分野の業界の主要企業が所属するグループのWPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム;Wireless Power Consortium)に、Apple社が加盟していたとの情報が流れてきたのです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sのワイヤレス充電は確定か?Apple社がWPCに加盟?!

iPhone7sはやはりワイヤレス充電を採用?

Apple社がにワイヤレスパワーコンソーシアム加盟していたという情報を受けて、iPhone7sのワイヤレス充電の採用はかなり真実味を帯びてまいりました。

すでにワイヤレス充電を採用しているAndroidスマートフォンでは、ワイヤレスパワーコンソーシアムにも加盟していることから、iPhone7sでもワイヤレス充電の採用の可能性が高くなってきたのではないでしょうか。そして「Qi(チー)」製品が下位互換性、相互運用性を打ち出している以上、他社充電器とも互換性が可能だということになります。つまりは充電器の相互運用によってAndroidスマートフォンとの垣根を低くし、AndroidスマートフォンからiPhone7sへの乗り換えにも期待しているのではないかということです。

「Qi(チー)」ってなに?

「Qi(チー)」というのは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium ;WPC ;ワイヤレス給電の開発や普及を進めている、いろんな業界の主要企業が所属するグループ)が策定したワイヤレス給電の国際基準規格のことです。ワイヤレス給電の伝送は現在、コードレス電話や電気シェーバー、電動歯ブラシなどに利用されています。コネクタなどを介さずに電力を伝送すること、またはその技術のことをいいます。今までは給電システムの開発には企業が独自で行っていたので、相互利用はできませんでしたが、ワイヤレスパワーコンソーシアムの立ち上げによって、国際基準規格が策定され、企業間でも相互利用が可能となりました。

ワイヤレス充電について

ワイヤレス充電についてもさまざまなうわさがありましたね。でも今のところは一応、バックパネルにガラス製を採用させ、iPhone7sのみにだけ対応するのではないかとされているようです。充電規格「Qi(チー)」の採用ということで、ワイヤーななく、置くだけで充電してくれます。わずらわしいコードからの解放はとても喜ばしいことではありますが、夢に描いていた部屋のどこにいても、自動で充電してくれる方式ではないということになりますね。期待し過ぎていた分、ガッカリ感はかなり大きいです。そしてワイヤレス充電器はiPhone7sとは同梱されずに、別売りのアクセサリーとして販売されるようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ