待ち望んでいるiPhone7sの発売がなんと2017年末?!

2017年はiPhoneにとって特別な年となります。iPhoneが発売開始してから10周年をむかえるとのことで、iPhoneファンのみならず、世間はずいぶんと浮足だっているのではないでしょうか。


しかし最近、微妙なうわさも、ちらほら耳にすることが多くなってきました。とにかく次期iPhoneとの呼び声高いiPhone7sについては、さまざまな情報が交錯していますので、どれが真実でどれが嘘なのかは判別しにくい状況なのは確かです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  待ち望んでいるiPhone7sの発売がなんと2017年末?!

iPhone7sの発売が遅れるかもしれない理由って?

そんな中iPhone7sの発売日が遅れるかもしれないという、信じがたい情報について、Bloomberg(米大手総合情報サービス会社のサイト)や、iPhone情報では定評のあるお馴染みのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏などからも、相次いで流れてきているようなのです。
また日本経済新聞の英字メディアである「Nikkei Asian Review」も、iPhone7sを構成する主要ないくつかの部品の調達について、困難な状態に陥っている、とのこと。
その記事によると、主要ないくつかの部品の問題というのは、iPhone10周年記念の新モデルiPhone7sのディスプレイで使用を予定していた、サムスン製OLEDパネルの製造の問題と、そして、ワイヤレス充電のモジュール(ソフトやハードの部品で、組み合わせて使用する)の加熱問題の解決がまだできていないとのことです。さらに、サーキットボード(電子基盤)の量産についても問題が発生しているようなのです。

iPhone7sは、とことんこだわります!

しかしここで落ち込む必要はありません。サーキットボード量産問題について言及したIDCのアナリストであるSean Kao氏は、こうも述べています。「製造が遅れがちなのは、iPhone7sの電子基板の小型化を目指していること。またバッテリーについても従来のものよりパワーアップさせたものを搭載させるためだからだ」。iPhoneファンにとっては、なんと嬉しい情報ではありませんか。
つまり、Apple社は次期iPhoneであるiPhone7sの製造に関しては、決して妥協をするつもりはなく、納得のハイクオリティを目指しているということのようなのです。そのためには、製造の遅延も致し方ないといった覚悟なのかもしれません。

iPhone7sの発売日は、クリスマス?

日経の報道によると、発売は予想の9月から10月頃から、最大約2か月程度遅れることを見越しており、iPhone7sの記念すべき発売は今年のクリスマス頃になる可能性もあります。
そうすると、今年のクリスマスはいつもより余計に楽しくなりそうな予感もしますね。一人ぽっちでも、iPhoneプレミアムモデルの新しいiPhone7sが一緒にいてくれたらきっと素晴らしいクリスマスの夜を過ごすことができるかもしれません。そんな人のためにもせめてクリスマスまでには必ず発売していただきたいところですよね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ