iPhone7sを守るハードケースの特徴とは

ソフトタイプとハードタイプ。それぞれのケースには長所と短所があり、端末の種類やユーザーの好みに応じて使い分けられています。まったく同じ端末でも保護ケースとのコーディネートによって印象ががらりと変わるため、「端末の価値はケースで決まる」という意見もあるほどです。ハードケースとソフトケースの特徴を比較しつつ、どちらがiPhone7sに最適なのかを検討していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトタイプとハードタイプ、それぞれのいいところ

手帳型やタフネスケースという選択肢もありますが、iPhone初心者にとってはまずソフトケースかハードケースかの選択になると思われます。やわらかな手ざわりをもとめるのであればソフトケースがおすすめです。ソフトケースは肌ざわりがなめらかであるとともに高い衝撃吸収性をもち、荷物と一緒にうっかりカバンなどに入れてしまっても端末が傷つかないと評判です。ただし、すべりにくいところが弱点であり、駅の改札などでさっと取り出したいときに若干手間がかかるあたりがデメリットと言えるのかもしれません。一方、おもにポリカーボネート素材でつくられているハードケースはシリコンのソフトケースにありがちなべたつき感がなく取り出しもスムーズですが、衝撃吸収性の面ではソフトケースにかなわないという声もあります。

ソフトケースとハードケース、アクセサリーとしても使えるのは?

ソフトケースとハードケースは素材や耐久性に若干の違いがありますが、端末保護機能の面ではどちらもさほど変わりません。では、アクセサリーの一部として見た場合、端末の魅力をより引き立たせるのはどちらなのでしょうか。好みに合わせていろいろとアレンジしやすいのはハードケースと言えるかもしれません。表面に光沢があり、長い期間使用してもなめらかな手ざわりが劣化しないハードケースであれば背面にシールをべたべたと貼ってもうるさい印象にならず、スタイリッシュな印象を保つことができます。機能性を重視し、ケースをつけているという印象を極力薄めたい人にはソフトケースが向いているかもしれません。スケルトンタイプのケースにすればいかにも保護ケースをつけていない感覚を楽しむことができ、iPhone7s最大の目玉である湾曲型エッジスクリーンのフォルムをさりげなくアピールすることができます。

幅広いシチュエーションに調和できるのは?

iPhone7sは日常的に肌身離さず置いておくものなので、たとえば無造作にテーブルなどに置いてあっても違和感のないケースのデザインがもとめられます。その観点で見ても、ハードケースはどの色合いのものでも端末にさりげなくフィットし、決して周囲から浮き上がることはありません。

初心者が見落としがちなケース選び。iPhone7sの充実した新機能を存分に使いこなすためには、端末にフィットするアクセサリーを見つける必要があります。ハードケースはソフトケースにくらべて手ざわりがなめらかなのが特徴で、ポケットに違和感なくおさまるというメリットがあります。iPhone7sのボディラインをそのままのかたちで楽しみたい人はハードケースを選ぶ傾向が強いようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ