イエローのiPhone7sがもたらす心理的な効果とは?

Apple社からのiPhone7の後継機情報が無い現在、iPhone7sのカラーバリエーションには様々な噂が流れています。iPhone7sのカラーバリエーションはiPhone7やiPhone7 plusと同様のカラーバリエーションが採用される可能性が高いと言われていますが、同時に新色も発表されるのではないかと噂されています。また2017年はApple社のiPhone発売10周年にあたりますので、色も原点回帰の意味も込め、復刻版が発表されるのではないか?という噂もあるようです。

 

中でもiPhone7やiPhone7 plusでは、ゴールドやローズゴールドというゴールド系が発売されていますので、iPhone7sではゴールドに近い「イエロー」も発売されるのではないか、と一部で囁かれているようです。実はイエローは、2013年9月にiPhone5cで一度発売されました。しかしそのイエローはあまりにポップな色調だったため、発売されたのは残念ながら1度きりとなっています。しかし、今回iPhone7sでは、同じイエローでも落ち着いた色調のイエローに変更し、新色として発表される可能性もあると言われているようです。イエローの色が好きな方には朗報ですね。

さて、iPhone7s本体など人の持ち物についている色には、その持ち主の心理状況を反映する場合や、持ち主に影響を与える場合があると言われています。それでは、イエローのiPhone7sが発売され購入した場合、ユーザーにはどのような心理的な効果をもたらすのでしょう?

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sの新色に噂される「イエロー」のイメージとは?

イエローのiPhone7sが発表された場合、イエローというカラーはiPhone7sユーザーや周囲の人々にどのようなイメージを与えるのでしょう?イエローには「明るい」「楽しい」「幸福」「活動的」「躍動」「陽気」「発展」「華やか」「可愛らしい」「奇抜」などのイメージがあります。イエローには「黄色い声援」という言葉が示すように、よく通る声や明るい声などのイメージがあります。

また、イエローには光や太陽のイメージがあり、見る人を楽しい気分や、ワクワクする気分にさせるなど、ポジティブなイメージがあります。更にイエローは昼夜問わず非常に目立つ色ですので、信号機のイエローや立ち入り禁止のテープなどに使われ「警戒色」というイメージもあります。

イエローのiPhone7sが与える心理的な効果とは?

それではイエローのiPhone7sが発売された場合、ユーザーや周囲にはどのような心理的な効果があるのでしょう?イエローにはその明るい色調により、人を笑顔にさせ、明るい気持ちにさせる効果があります。そのため、好奇心旺盛な気持ちにし、新しいことを始める勇気を与え、ステップアップしたいという前向きな姿勢へと導く効果があるようです。

更にイエローのiPhone7sという色には、右脳を刺激する効果もありますので、アイデアが欲しい時にはひらめきを与えてくれることもありますし、表現力や発想力をアップさせてくれる働きもあります。また、イエローには知性や判断力を高める左脳を刺激する効果もあるようですので、頭脳が明晰になる可能性もあるようです。ビジネスや勉強、試験など、頭をフル活用する際にはイエローのiPhone7sを持つと良いかもしれませんね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ