iPhone7sでも採用されそう!写真整理は検索や顔認識アプリを使おう

iPhoneに内蔵されている写真や動画の撮影技術は日進月歩を遂げており、今やデジタルカメラや一眼レフでの撮影と並ぶほどの性能を持っています。そのため、iPhoneで撮影した写真の枚数が多くなり、ついつい整理が面倒になってしまい、そのまま写真を撮りっぱなしで放置している方が多いのではないでしょうか。いざ写真の整理をしようにも、なかなか手が付かない…そんな方には、iPhone7で採用されているアプリ「Memories」と「ピープル」を使用してみてはいかがでしょう?


「Memories」にはiPhone7内に保存されている写真を分析する機能があり、撮影した写真を綺麗なレイアウトで閲覧することも出来ますし、自動的に写真や動画を纏め、ショートムービーにする機能があります。また「ピープル」には、撮影された顔を認識し、人物ごとに写真を纏めてくれる機能があり、人物ごとに顔認識された写真を元に、自動で人物ごとのアルバムも作成できるようです。この機能はiPhone7やiPhone7 plusに搭載され、非常に好評なアプリでしたので、iPhone7sやiPhone8でもこのアプリは搭載されるのではないかと噂されています。


iPhone7sやiPhone8では、iPhone7での「Memories」や「ピープル」よりも更に進化した形で搭載されると期待されています。現段階での「Memories」「ピープル」ではどのような機能を持っているのか、そしてその使用方法はどのようなものなのかを、iPhone7sやiPhone8での技術向上を想像しながら検証してみましょう。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7sでも採用されそう!写真整理は検索や顔認識アプリを使おう

iPhone7sでも搭載されると噂のアプリ「Memories」の機能と使用方法:キーワード検索で写真を抽出

iPhone7sでも搭載されると言われるMemoriesの機能には、撮影した写真が自動的に分類される機能が付加されています。そのため、一緒に旅行に行った友人やパーティでの写真を友達に送るときは非常に便利な機能といえます。しかし、iPhone7で可能な機能はこれだけではなく、Memoriesを開いて検索欄に欲しい写真に関連したキーワードを入力することで、簡単に写真を抽出することができるのです。

たとえば、ハワイ旅行に行った時の写真を抽出したい場合はiPhone7のMemoriesの検索欄に「ハワイ 旅行」と入力するだけで簡単に検索することができます。iPhone7sやその他の後継機では、さらにこの機能がバージョンアップされる可能性があります。そのため今は検索に引っかからない写真でも、iPhone7sなどでは簡単なキーワードで抽出することが可能になりそうです。

iPhone7sでも搭載されると噂のアプリ「ピープル」の機能と使用方法:顔認識機能を使って、人物ごとに検索できる

iPhone7sでも採用されそうなiPhone7のアプリに、「ピープル」というものがあります。この「ピープル」は写真撮影されている人物の認識を行い、その人物ごとに写真のフォルダを自動で作成してくれる機能です。使用方法は、アプリを起動したあと、アルバムからピープルの順にタップしていき、切り替わった画面で顔写真のアイコンをタップします。すると、その人物が撮影されている写真が一覧表示されるというものです。

また、家族や仲の良い友人などは、「お気に入り」に登録しておくことで、より写真を検索しやすくなるそうです。iPhone7sでは更に機能が向上すると期待されていますので、どのような機能が追加されるのか、今から楽しみですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ