iphone7の新機能

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

画面操作における進化

私たちの生活を振り返ってみると、カラオケ店や居酒屋での注文時、銀行やコンビニエンスストアのATMでタッチパネルを利用する機会が多く、何よりiphoneにおいては欠かせない特徴の1つとなっています。画面に触れて操作するという画期的な方法を実現できたことにより、ユーザーの心をグッと掴んできたわけですが、タッチパネルが世に出始めた当初は、指先の操作加減を考慮したり、専用のペンが必須であったり、水に弱い性質を踏まえる必要がありました。

それがiphone6sや6splusで3DTouchを実現し、それまでの静電容量方式と違って、ディスプレイに密着させた2本の指の幅を変化させるだけで、画像の拡大縮小を可能にしました。結果、非常に見やすく、快適に確認できるようになりました。

今後期待されるマルチ感圧タッチと、防水機能、デュアルカメラについて

3DTouchでは画像の拡大縮小に加えて、ディスプレイにかける指の圧力で、メールの宛先画面からさらにその内容ページへの移行ができるなど、動作をよりスムーズに進めることが可能になっています。その都度タップを繰り返し進めていた作業が、指で押す強弱で実行できるようになっているのです。なお、現状2本の指の感知ですが、iphone7の新機能として、それよりも多くの指でも認識できるような、マルチ感圧タッチの導入が期待されています。

そして、内蔵されている電子基盤が防水になるという声も上がっているので、水際での利用や、子育て世代に喜ばれる仕様になるかもしれません。また、製品ごとにカメラの画素数が増し、美しい画を楽しめるようになっていますが、iphone7ではまるで自分の目で見ているような、立体的な画像が収められる、デュアルカメラの搭載があるらしいとの声も高まっています。iphoneがあれば、生活のさまざまなシーンがより充実したものになるでしょう。

グラサン

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ