プライバシーを守る! 見破られにくいパスコードの設定方法

iPhoneを他人に覗かれないようにするためには、パスコードの設定を行います。コードはなんでもいいわけではなく、他人にバレないようにしなければなりません。このページでは、多様な設定方法をご紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

桁数を変更しよう

パスコードは、iPhoneがiOS9にアップデートしているならデフォルトが6桁になっています。あるいは、4桁で設定している方もいるかもしれません。このコードは、解除している画面を見られなければ他人にバレないはずですが、指の動きから番号を予測されてしまう可能性もあります。
そういった予想外の事態を避けるためには、パスコードの変更だけでは物足りません。その場合は、桁数を変更しましょう。

変更するには、まず「設定」から「Touch IDとパスコード」と進み、「パスコードを変更」をタップします。そこで現在のパスコードを入力すると、新しいものを入力する画面に移ります。
そして、その画面の下に出てくる「パスコードオプション」をタップすると、「カスタムの英数字コード」、「カスタムの数字コード」、「4桁の数字コード」が選択できるようになります。「カスタムの英数字コード」あるいは「カスタムの数字コード」を選択すれば、6桁や4桁ではなく、自由な桁数のコードが設定できるようになります。

ここで長いコードを設定することもできますし、あえて1桁のコードにすることも可能です。「カスタムの英数字コード」であれば通常のキーボードではなくフルキーボードを使用するので、指の動きから読まれる心配が少なくなります。

iPhone7でもしっかりセキュリティ対策を

上記の方法でバレにくいパスコードは設定できますが、万全なコードというものはありません。定期的に変更することが大切です。
近く発売されると予想されているiPhone7を買う場合も、コードの定期的な変更は行うようにしましょう。iPhone7ではセキュリティ面でのさらなる改善を期待したいですね。

サングラス

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ