iPhoneでできる通信制限を超えない工夫とは。

iPhoneを使用している際、気になるのが“通信制限”です。通信制限にかからないようにするためには、ちょっとした工夫をする必要があります。このページでは、その工夫方法について紹介していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

日常的な意識で通信量は節約できる

通信量を節約するコツは、アプリの更新やWi-Fi機能に注目することです。以下で、その一例を紹介します。

・アプリの自動アップデート機能をオフにする
普段からアプリを多く使っている方は、アプリの自動更新機能に注意する必要があります。容量が大きいアプリが同時にいくつも自動アップデートされてしまうと、それだけ通信量がかかってしまいます。そうなるのを防ぐため、ホーム画面の“設定”アイコンから“iTunes&App Store”を開き、自動ダウンロードのアップデートをオフにしておきましょう。

・Wi-Fiアシストをオフにするbr>
Wi-Fiアシストとは、Wi-Fiの接続状態が不安定になっている際、自動的にモバイルデータ通信へ切り替える機能のことです。Wi-Fiアシスト機能がオンになっていると、通信状態を安定させることができる反面、通信量がかかります。Wi-Fiアシスト機能は、“設定”アイコンのなかにある“モバイルデータ通信”のページからオフに変更することができます。

・公衆の無線LANを活用する
最近は、公衆の無線LANが設けられているスポットが増えてきています。通信制限を上手く避けるためには、この公衆無線LANを活用するのも有効です。無線LANの使用方法は、iPhoneのホーム画面にある“設定”アイコンから“Wi-Fi”のページにアクセスし、そのスポットに用意されている無線LANに接続するだけ。コンビニやレストラン、ショッピングモールなど無線LANが通っている環境であれば、“Wi-Fi”のページにそのスポット専用のネットワークが表示されます。

簡単な工夫で通信制限対策

いかがでしたか。iPhoneを快適に使用するためにも、普段から通信制限対策を行っておく必要があります。iPhone7ではさらに機能が向上し、通信制限に対する工夫もしやすくなるはずです。iPhone7の発売が待ち遠しいですね。

iPhoneでできる通信制限を超えない工夫とは。

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ