これまでと大きく違うモデルになりそうなiphone7

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

6sとこんな違いが予想されるiphone7

今年も新しいiphoneが発表される9月が近づいてきました。今お使いのiphoneを買い換えようと考えている方、新しくiphoneを購入しようと思っている方は注目されていると思います。発表まで3ヵ月を切り、Appleや生産工場の関係者からと思われるたくさんの情報がリークされていて、少しずつiphone7の全容が見えてきました。

現行モデルの6sとの違いとして可能性が高いのは、頭脳となるA10チップにクアッドコアを採用することや画面操作により進化した3D touch機能の搭載、イヤホンジャック廃止のよる薄型化、iphoneユーザーから希望の多かった防水機能の搭載といったところですね。他にも様々な違いが予想されています。

これまでと大きく変わったデザインになるかもしれません
今回発表される予定のiphone7は、初代iphoneから数えて10代目となるモデルです。そのため、これまでのiphoneシリーズと大きく違った、新しいデザインを採用したモデルになる可能性が十分にあります。Appleからiphone7のコンセプトデザインをまとめた動画が公開されていますが、それを見ると左右のベゼルを限りなく狭めて画面を広くしたデザインや、これまでのiphoneには必ずあった物理式のホームボタンを画面に埋め込むことでボディ前面をすべて画面にしたデザインが発表されています。

iphone7のデザインがこのとおりでなく一部を採用したものとなっても、これまでとは違う、大きく変わったデザインのモデルになることは間違いないでしょう。

絵のような写真

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ