もしかして故障?iPhone7sで指紋認証が機能しない時の対処法とは?

iPhone5sの発売以降、iPhoneシリーズでは指紋認証機能である「Touch ID」が導入され、iPhoneのロック解除が今までのiPhoneシリーズと比べて飛躍的に簡単になりました。また、iPhone7やiPhone7 plusでの指紋認証システムは、ロックを解除するだけではなく、スマホで簡単に買い物が出来るなど、さまざまな利点もあり、多くのiPhoneユーザーに愛用されている機能の1つでもあります。そのため、iPhone7sでもiPhone7やiPhone7 plus同様、指紋認証機能が導入されると噂されています。

 

今やiPhoneには無くてはならない指紋認証機能ですが、最近なかなか指紋認証が機能しない…というお悩みがある方も多いようです。実際にiPhoneの指紋認証機能の故障であることもありますが、まずはApple Storeや携帯会社に持ち込む前に、故障かどうか以下の点を試してみましょう。

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sで指紋認証が機能しない時の対処法 その1:iPhoneのホームボタン部分に汚れや傷がある

iPhone7の後継機として発売される予定のiPhone7sでも同様ですが、iPhoneの指紋認証はホームボタンをタッチすることでiPhoneのロックを解除します。しかし、iPhone7sのホームボタン部分が汚れていると、指紋情報を読み取ることが難しくなりますので、指紋認証機能が機能しなくなることがあります。そのため、iPhone7sのホーム認証ボタンは常に綺麗にしておくように心がけましょう。

また、ホームボタン部分に傷があると、先ほどの汚れの時と同様に、iPhone7sの指紋情報が正確に読み取れず、認証できないことがあるようです。傷が大きい場合は画面の修理になりますので、なるべくホームボタンに傷がつかないよう、保護フィルムを貼るようにすると良いでしょう。

iPhone7sで指紋認証が機能しない時の対処法 その2:指紋登録を変更する

iPhone7sに登録した指紋情報が何らかの理由で破損してしまい、うまく指紋認証が機能しないこともあります。この場合は指紋認証されている指紋情報を削除し、新しく指紋認証登録をし直すことで正常に機能するようになることもあるようです。また、指紋登録した指紋の角度が悪い場合や、うまく登録出来ていなかった場合も、iPhone7sの指紋認証が機能しない場合もありますので、指紋の登録時は特に注意しましょう。

なお、iPhoneでは指1本につき1枚だけ指紋を登録できるのではなく、複数枚の登録が可能となっていますので、最初から複数の指紋を登録しておけば認証されやすくなります。但し、あまり多くの登録をすると、認証の精度自体が下がる傾向にあるようですので、指1本につき2、3個の登録にしておくと良さそうです。

iPhone7sで指紋認証が機能しない時の対処法 その3:本当に故障している場合/h2>

iPhone7やiPhone7 plus同様、iPhone7sでも「エラー53」と呼ばれるメッセージが出た場合は、iPhone7s本体の故障ですので、Apple Storeなどへ修理依頼をしましょう。なお、iPhone7sなどの指紋認証システムが故障した場合は、非正規のショップへ修理に出しても、セキュリティシステムと指紋認証をチェックするシステムの紐づけが出来ないため、修理することは出来ません。修理する場合は、必ず正規のショップへ修理に依頼するようにしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ