iPhone7と同等の性能を実現しそうなSEの次期モデル

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone5s以来2年半ぶりとなる4インチモデルのiPhoneSEが今年の3月に発売されました。

iPhoneシリーズは6から画面サイズが4.7インチと5.5インチに拡大され、今年の秋に発売が予想されているiPhone7でも同じ画面サイズになりそうです。「これまでよりも画面が見やすくなった」「操作性が上がった」と好評を集めた反面、「片手では扱いにくくなった」「手が小さいので扱いにくくなった」という声も少なからずあって、4インチモデルでは無くなったことを残念に思うユーザーがかなりいたことを伺えます。

iPhoneSEの発売は当初iPhone7の発売と同じ今年の秋頃が予想されていましたが、4インチモデルの復活を希望するユーザーの声に応えて発売を半年早めたものと思われます。iPhoneSEは4インチサイズのコンパクトなボディにも関わらず、iPhone6sと同じA9チップや2GBのRAMの搭載など、6sとほぼ同等の性能を実現し、コンパクトで高性能なモデルとなっています。

開発時は同じサイズの5sの部品を多く流用しているという情報からiPhone6sの廉価版としての位置づけではないかと予想されましたが、このような性能を持ったモデルで、ナンバーではなく「Special Edition」を意味する「SE」という名称を付けられたことから、コンパクトで高性能なモデルとしての独自な位置づけのようですね。次のモデルもiPhone7と同等のコンパクトで高性能なモデルになりそうです。

googleで検索

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ